【Part 4】ほぼ 1/24 博物館<File No.272> フォード クラウンビクトリア ポリスカー

フォード・クラウンビクトリアは、1/24 博物館ファイルナンバー272番のクルマ。
今夜は、その4回目です。
クルマのスペックが知りたいが、クルマがクルマだけにググっても出てこない(汗
それでは悪戦苦闘をごゆっくりお楽しみください。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

Car Models File-No.272


PCM00372_13
PCM00372_14
Car Models File-No.272
リンドバーグ 製の 1/25 スケール
『 フォード クラウンビクトリア カリフォルニア ハイウェイパトロール 』
プラスチックモデル組み立てキット。
フォード クラウンビクトリア (1995年/アメリカ)

──── フォード・クラウンビクトリア・ポリス・インターセプター(1995年)のスペック

<Overview>
■Production:February 1992–1997
<Body and chassis>
■Related:Mercury Grand Marquis、Lincoln Town Car
<Powertrain>
■Engine:4.6 L Modular V8
■Transmission:4-speed AOD/AOD-E automatic、4-speed 4R70W automatic
<Dimensions>
■Wheelbase:114.4 in (2,906 mm)
■Length:1992–1994: 212.4 in (5,395 mm)、1995–97: 212.0 in (5,385 mm)
■Width:77.8 in (1,976 mm)
■Height:1992–1994: 56.7 in (1,440 mm)、1995–97: 56.8 in (1,443 mm)

結局はWikipediaです(汗
こちら→Wikipedia:Ford Crown Victoria Police Interceptor

PCM00372_15
PCM00372_16


※参考:Wikipedia:フォード・クラウンビクトリア

Car Models File-No.272
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL

Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

  

 

 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【Part 3】ほぼ 1/24 博物館<File No.272> フォード クラウンビクトリア ポリスカー

『ポリス・インターセプター』って知ってる?
今夜は、1/24 博物館ファイルナンバー272番の3回目です。
まった〜りと進行します・・・(汗
それではごゆっくりお楽しみください。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

Car Models File-No.272


PCM00372_09
PCM00372_10
Car Models File-No.272
リンドバーグ 製の 1/25 スケール
『 フォード クラウンビクトリア カリフォルニア ハイウェイパトロール 』
プラスチックモデル組み立てキット。
フォード クラウンビクトリア (1995年/アメリカ)

──── ポリス・インターセプター

『インターセプター』という語感は、私の年代では宇宙からの侵略者を迎撃する超カッコいいSFメカといったところ。
「ポリスインターセプター(Police Interceptor)」って?
ポリスインターセプターとはパトカー専用のグレード名なのだ。ちなみにフォード・ビクトリアが大々的にパトカーとして採用されたのは1998年デビューの2代目から。
詳しいところはWikipediaで・・・

ポリスインターセプター (Police Interceptor) (1998–2012)
パトカー用のグレード名はポリスインターセプター(Police Interceptor)。商品コード「P71」。LTDクラウンビクトリアのパトカー仕様車を継ぐ形で1992年に初代が、1998年に外装や機関を手直しした2代目が発売された。P71はアメリカのパトカー市場において、およそ7割強の市場占有率を持つといわれている。アメリカの警察で好まれる後輪駆動のフルサイズセダンをベースにした車両として、今では貴重な存在となっているのが要因。
基本的に単独グレードだが、最終減速比が3.27と3.55の2種類の設定がある。ベース車両からの変更点は補機類やサスペンションの信頼性が向上されたこと。また注文装備として防弾パネルを取り付けることができる。これは12ゲージ散弾や7.62mm NATO弾を食い止めることができ、価格は運転席側のみが$1200、前席左右ドアが$2400。後述する欠陥問題があったことから、この対策として燃料タンクを保護する防護材の取り付けを無料オプションとして設定した。また燃料タンク付近に自動消火装置をメーカーオプションとして設定。これは後部に強い衝撃をセンサーが感知すると、組み込まれた油火災対応型消火器が燃料タンク付近へ向けて噴射されるというもの。手動でも操作をすることが可能となっている。



PCM00372_11
PCM00372_12


※参考:Wikipedia:フォード・クラウンビクトリア

Car Models File-No.272
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL

Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

  

 

 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【Part 2】ほぼ 1/24 博物館<File No.272> フォード クラウンビクトリア ポリスカー

まった〜りと進行します・・・(汗
今夜は、1/24 博物館ファイルナンバー272番の2回目です。
映画によく出てきますよね!?アメリカのパトカーです。
それではごゆっくりお楽しみください。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

Car Models File-No.272


PCM00372_05
PCM00372_06
Car Models File-No.272
リンドバーグ 製の 1/25 スケール
『 フォード クラウンビクトリア カリフォルニア ハイウェイパトロール 』
プラスチックモデル組み立てキット。
フォード クラウンビクトリア (1995年/アメリカ)

──── フォード クラウンビクトリアの概要

"クラウンビクトリア(Crown Victoria)"の車名は1955年フェアレーンの1レンジとして登場した6人乗りの2ドアクーペが最初で、その後1980年にLTDの上級トリムとして車名が復活し、1992年に全く新しいデザインでLTDから独立し、クラウンビクトリアとして登場。1998年に2代目へと進化して2011年9月まで生産された。
車体サイズはアメリカ製セダンの中でも最大の部類のフルサイズに属する。オイルショック以降、キャデラックやクライスラーなどの競合車種の多くが、ダウンサイジングとFF化を敢行した中、フォードだけは、昔ながらのはしごフレームとFRレイアウトを固持した。このシャシはマーキュリー・グランドマーキー、リンカーン・タウンカーと共用のパンサープラットフォーム (Ford Panther platform) と呼ばれるもので、フォードのハイエンド車種で30年以上の長きにわたって使われ続けたが、技術的には決してハイエンドではなく、登場当時ですら旧態化のそしりは免れなかった。重量、ねじり剛性、振動・騒音など、操縦安定性と居住性のすべての面でモノコック構造に対して劣勢となるが、アメリカの保守層(米保険会社の調査では、共和党支持者とほぼ一致するとしている)には根強い人気があり、結果的に、古き良き時代のアメリカ車の乗り味を後世に伝える存在となっていたほか、パトカー、タクシー、レンタカーといったフリートセールス需要が根強く、パトカー用はエンジン出力を強化するなどしたPolice Interceptor(ポリスパッケージ)という専用グレードが存在する。アメリカでは「Crown Vic(クラウン・ビック)」の愛称で親しまれている。日本のトヨタ・マークIIやトヨタ・クラウン、日産・グロリアや日産・セドリックに相当する車種。
エンジンは4.6L SOHC V8 でトランスミッションは4速のオートマチックのみである。新車当時のアメリカ国内での販売価格約$20,000からであった。

from Wikipedia



PCM00372_07
PCM00372_08


※参考:Wikipedia:フォード・クラウンビクトリア

Car Models File-No.272
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL

Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

  

 

 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.272>

お久しぶりです。今年はボチボチと・・・(汗
今夜は、1/24 博物館ファイルナンバー272番の登場です。
ポリスカーですよ。私って、こんな趣味もあったのか?
それではごゆっくりお楽しみください。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

Car Models File-No.272


PCM00372_01
PCM00372_02
Car Models File-No.272
リンドバーグ 製の 1/25 スケール
『 フォード クラウンビクトリア カリフォルニア ハイウェイパトロール 』
プラスチックモデル組み立てキット。
フォード クラウンビクトリア (1995年/アメリカ)

──── 模型メーカー『リンドバーグ』とは

lindberg_logo

リンドバーグは1933年にポール・リンドバーグによって設立されたアメリカの歴史ある模型メーカーのひとつです。当初はバルサを使用した飛行機モデルの生産、販売からスタート。第二次大戦後にはプラスチックモデル製品の開発を始め、飛行機、艦船、自動車のプラモデルを続々とラインアップ。1960年代にはミニカーのマッチボックスやホットホイールと似たサイズの小さな組み立て式の自動車モデルのミニ・リンディシリーズを展開。タイヤやメッキが施されたホイール、金属シャフトやフロントウインドウの透明パーツなどがセットされ、簡単な組み立て説明書によって組み立てる小さな自動車の模型は人気のシリーズとなったのです。数々の製品は現在でも組み立て説明図や金型の修正、改修を施しながら再販が行われ、当時の魅力的なパッケージアートも蘇っています。アメリカで生産されるメイド・イン・USAのプラモデルキットです。

from ホビコレ:リンドバーグ



PCM00372_03
PCM00372_04


※参考:Wikipedia:フォード・クラウンビクトリア

Car Models File-No.272
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL

Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

  

 

 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【コミックス】 シグナル・グリーン!新カーコミックス、2冊発進!

新年早々に本屋さんで新刊のコミックスを2冊購入しました。

ご覧の漫画ですけど・・・
2018-01-09_comic_01

日本のカーコミックスの牽引者お二人が同時に発売です。
右側のコミックスは、
MFゴースト
著者:しげの秀一
出版社:講談社(ヤングマガジンコミックス)
発売:2018/1/5


■こんな漫画…
西暦202X年。車の自動運転が普及した日本。そんな時代に、公道の自動車レースが開催されていた。世界中で人気を集めるレースの名はMFG。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニなど最速を誇るマシンが次々に参戦していた。一方、イギリスのレーシングスクールを卒業したドライバー、カナタ・リヴィントンは、ある目的を果たすため日本に帰国するのであった。新公道最速伝説、ここに開幕!

Amazonより



『頭文字D』の続編的漫画でしょうか。
主人公のカナタ・リヴィントンは藤原拓海くんの弟子だそうです。
その愛車はハチロク・・・、否、202X年ですから「86」です。
クルマを取り巻く社会情勢を仮定して、クルマの人との関係性を魅力あふれるタッチで描く。
設定は面白いが・・・

ちなみにこんな動画がりました。
漫画「MFゴースト」をリアルの世界で検証!
第1話に登場する600馬力、車重1700kgのモンスターマシン「GT-Rニスモ」は峠で速く走れるものなのか?
Hot-Version「峠最強伝説」のキング・土屋圭市氏が試す!



続いて左側のコミックス、
首都高SPL
著者:楠みちはる
出版社:講談社(ヤングマガジンコミックス)
発売:2018/1/5


■こんな漫画…
工藤圭介、42歳。GT-R専門のチューニングメーカー代表。彼の作るGT-Rは、絶品といわれ、数々の走り屋たちを魅了していた。彼のもとに、元嫁と暮らす一人娘が現れる。久しぶりの二人でのドライブ。その時、すごい走りをする、ポルシェターボに遭遇する。

Amazonより



首都高シリーズの再開です。
既に発売されていた単発モノを、42歳のおじさんを主人公に据えて新たにスタート。
狙いは我々クルマ好きのおじさんか!?
なんせ空冷ポルシェ911 vs R34スカイライン GT-R改600馬力でっせ。
理論武装したチューン解説に首都高の描写はピカイチ!
同じことの繰り返しでも、定期的に読みたくなるコミックスだー!



久々のエントリーでした。
次回は1/24博物館のニューファイルを紹介しましょう♪
乞うご期待!??

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR