【ムック】 クルマ & プラモデル 雑誌を、死なせない!

【ムック】
ムックは97年をピークに減少基調。06年に大きく落ち込み11年以降4年連続のマイナス。ついに1,000億円を割った。増加傾向にあった新刊点数は前年より抑制されたが返品率は過去最高。定期誌の不振を補おうとする傾向は変わらない。


これは出版科学研究所の日本の出版統計からの引用。
2015年の出版統計より。
雑誌売れてないんですよねぇ。。。
クルマ、プラモデルの関係なしに厳しいんですねぇ。

でもー、紙ものが無くならないように応援したいなぁ。

1月に買ったクルマ & プラモデルの雑誌です。
気になったら、本屋へ行ってみてはいかが!?

2017-01-28-mook_09
THE SUPER CAR ADVANCE

ムック:193ページ
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2017/1/16


THE SUPER CAR シリーズの第2弾。
第1弾は ORIGIN(オリジン)、第2弾が ADVANCE(アドバンス)。

2017-01-28-mook_10
内容を紹介。

【第1章】スペチアーレの系譜
FERRARI 288GTO
FERRARI 288GTO EVOLUZIONE
FERRARI F40
FERRARI F40LM
FERRARI F50
FERRARI ENZO
ほか



2017-01-28-mook_11

【第2章】新時代ランボルギーニ
LAMBORGHINI DIABLO SV
LAMBORGHINI DIABLO SVR
LAMBORGHINI DIABLO GTR
LAMBORGHINI DIABLO JGT-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO
LAMBORGHINI MURCIELAGO LP640 ROADSTER
LAMBORGHINI MURCIELAGO LP650-4 ROADSTER



2017-01-28-mook_12

【第3章】もうひとつのスーパーカー
PAGANI ZONDA F
PAGANI HUAYRA
BUGATTI EB110 GT
BUGATTI VEYRON 16.4 GRAND SPORT
JAGUAR XJR-15
JAGUAR XJ220
SPYKER C8 LAVIOLETTE
PORSCHE 911 TURBO
PORSCHE 959
PORSCHE CARRERA GT
ほか



2017-01-28-mook_13
タイムリーでした。
このブガッティ EB110 があったことが購入のきっかけでした。
当博物館ファイルナンバー 249 の資料が欲しかったんですねぇ。

2017-01-28-mook_14
スーパーカーは速いだけ、スペックだけじゃないんですよ。
ラグジュアリーなのもスーパーカーの条件です。

2017-01-28-mook_15
スパイカーはオランダのスーパーカーメーカーです。
1999年に復活しました。
このクルマの名前が難しいんです。
C8ラヴィオレットっていうんです。覚えておきましょう!


2017-01-28-mook_16
model cars(モデルカーズ)
2017年 3月号 Vol.250

雑誌:148ページ
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2017/1/26


2017-01-28-mook_17
内容を紹介。

特集:リベンジモデリング

昔作ってうまくいかなかったキット、心残りなプラモデルにもう一度挑んでみる、
それがリベンジ・モデリングだ。今回は、250号記念という意味もかねて、お馴染みのモデラーの皆さんに
過去の本誌作例への再挑戦を試みてもらった。とは言っても、いつでも全力投球の本誌モデラー陣であるから、
以前の作例が不出来な作品であったということではない。
「当時はなかった塗料や工具で、今ならもっと良いものが作れる」
「編集部の注文はあくまで素組みだったけど、個人的にはもう少し面白いアレンジをしたかった」というような作品が集まった。
そのほか、プライベートな作品へのリベンジも併せてご覧頂こう。



2017-01-28-mook_18

その他のコンテンツ
・本誌協力ショップに聞く 2016年のミニカー人気ランキング
・注目のプラモデル「今月の一台」タミヤ 新型NSX
・アメリカン・モデルカーズ
【特別付録】2017ホットウィール オリジナルカレンダー



2017-01-28-mook_19
窓枠の塗装って、神経使うんですよね。
マスキングって、ブラシを吹こうとすると、浮いてるんですよねぇ。
で、余分なところにまで、塗料が入っちゃうんですよね〜!?

2017-01-28-mook_20
ジンガーズもたまーに再販されています。
こんな素晴らしい模型に変身するんですねぇ。
作り手次第なんだわねぇ。。。




   

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 クルマ & プラモデル 雑誌は、しぶといのだ!

1月に買ったクルマやプラモデルの雑誌を紹介します。
まだまだ買えると思います。

気になったら、本屋へ行ってみてはいかが!?

2017-01-28-mook_01
モーターファン別冊
50周年記念
マツダロータリーのすべて

ムック:80ページ
出版社:三栄書房
発売日:2017/1/16


2017-01-28-mook_02

内容を紹介。

コスモスポーツから始まる傑作モデルたち
ファミリア、カペラ、サバンナ、ルーチェ、コスモ、RX-7、RX-8、そしてロータリーの未来に期待を込めて・・・



2017-01-28-mook_03
ここでトリビア!?
■コスモスポーツの名前について・・・
1964年、65年の東京モーターショーでは「コスモ」。66年は「コスモスポーツ(SPORTS)」、67年の市販時にはスポーツの綴りを“SPORT”に変更しています。ちなみに車名の由来は、イタリア語の「宇宙」のこと。

2017-01-28-mook_04
特別付録:縮刷カタログ
コスモスポーツ(後期型/1968年)

▲感想▼:ちょっと残念。昔の記事の再編集物です。新撮のものはありません。


2017-01-28-mook_05
モーターファン別冊
スカイラインRSのすべて

ムック:80ページ
出版社:三栄書房
発売日:2017/1/16


2017-01-28-mook_06
内容を紹介。

GT-Rのレース魂、4気筒DOHCで蘇る!
NISSAN スカイラインRSのすべて
★RS ★RSターボ ★インタークーラーターボRS 1981〜1985 DR30型

地平線を貫くレーシング・スポーツ・スピリッツ



2017-01-28-mook_07
懐かしいなぁ。
ここでトリビア!?
■RSの名前について・・・
名は体を表す。RSとは「レーシングスポーツの略」です。4気筒だったため「GT」を名乗れず、しかし、そのスポーツ性はレース参戦のベースを担っていた。

2017-01-28-mook_08

当時のモーターファンと追加取材で、再び鳴り響くRSサウンド
◎ライバル合戦:80年代・パワーウォーズ
◎再録・MFロードテスト&座談会:スカイラインRS
◎メカ解説
◎デザイン解説
◎使い勝手チェック2017

特別織込み付録:縮刷カタログ
鉄仮面カタログ(DR30型)
1984(昭和59)年2月版



▲感想▼:好きなクルマだから、いいんですけどねぇ。昔の記事の再編集物です。新撮のものはありません。




   

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 これは、面白い企画本!?筑波サーキット タイムアタックの歴史

この雑誌は表紙だけで買っちゃいました。

1982年〜2016年 筑波サーキットアタック市販車モデル35年史

カー雑誌の『CARトップ』の特別編集。

こういう編集企画を待ってました!!
ついでにCARトップの表紙を飾ったアイドルの歴史も楽しめちゃう。

2017-01-15-mook_01
CARトップ特別編集 全開記録1000
ムック:162ページ
出版社:交通タイムス社
発売日:2016/12/31


出版社からのコメント

2017年CARトップ50周年イヤー記念MOOK第2弾!!
筑波サーキットアタック35年史がいま蘇る

2017年でCARトップが50周年を迎えます。そこで名物企画“筑波サーキットアタック"の歴史を綴った本書を発刊しました。1982年に始まった当初は、あの中嶋 悟をテストドライバーに迎え市販車の性能テストを実施。1985年からは清水和夫さんをメインテスターに起用し、年間30〜40台の新型車を筑波サーキットに持ち込み、定点観測を行ってきました。本書で、青春時代をともに過ごした愛車を懐かしみながら、当時の記憶を蘇らせてみてはいかがでしょうか!



2017-01-15-mook_02
こういった編集企画はやっていそうで、今までやっていないんだなぁ。

○ 巻頭コラム 継続は力なり ~筑波35年史~
○ 筑波最新テスト速報!! 新型NSX vs GT-Rニスモ 国産車最速王決戦
○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.1 1982~1989
・DOHC4バルブ! 筑波サーキットアタックの幕開け
・DOHC4バルブ! 高機能ハイパワー車筑波バトル
・ホンダZC vs トヨタ4A-G対決in鈴鹿&筑波
・スポーツ4WDの真価をウェット路面でテスト
・全日本ナンパなクルマ日本一決定戦in筑波



2017-01-15-mook_03
懐かしいですね。CARトップは、ホリデーオートと並んで、よく購入するカー雑誌でした。
今も家にはたくさんありますよー。捨てられないですねぇ。両誌ともあります。

○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.2 1990〜1999
・ホモロゲーションモデル結集! GT-Rにいざ勝負!!
・280ps×6速MT 旗艦スポーツカーバトル
・FF最速王座奪還! インテグラタイプR
・RX-7ついに4秒台突入!
・ハイブリッドカー燃費性能五番勝負!
○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.3 2000〜2009
・極上リミテッドエディションたちの280psバトル!
・ロータリーに夢をのせてRX-8新世代ロータリーの実力
・CTメガテスト 日独スポーツカー1000km走って乗り比べ
・CT筑波おバカアタック初夏の陣
○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.4 2010〜2016
・“ビート"がS660に姿を変えて復活!
・ニュル最速王 場外バトル in 筑波&鈴鹿



2017-01-15-mook_04
ゲームの話ですけど、PS『グランツーリスモ』でクルマの性能チェックは筑波サーキットのラップタイムでした。
コースが完全に頭に浮かびます。
ダンロップコーナーから80Rがスムーズに抜けられるクルマは私好みという感じ・・・。

○ CARトップ筑波回顧録 筑波テストと市販車の進化
〜パワー競争からエコカー全盛時代、そして未来〜
○ Photography 筑波全開記録 1/250秒史
○ 三菱ランサーエボリューション vs スバル インプレッサWRX25年戦史


2017-01-15-mook_05
資料としても役立ちますね。
さすがにモザイクしました(テへ;

○ CARトップ筑波テスト 全開記録1000パーフェクトランキング



Amazonより



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 お正月のテレビに飽きたら、雑誌をペラペラしまーす

お正月は、どのように過ごしましたか?
テレビ番組は、どれを選んでも似たり寄ったりでー。
そんな時は、スマホ?ゲーム?プラモ?
そうだ。本を読もう!雑誌を見よう!

ということで、雑誌をプラペラ。。。

2017-01-04_mook_01
旧車のすべて
オリジナル旧車の乗り方編
NISSANスカイライン/フェアレディZ特集(G-ワークス保存版)

出版社:三栄書房
発売日:2016/11/30


2017-01-04_mook_02
特集 スカイライン & GT-R

2017-01-04_mook_03
2017-01-04_mook_04
GT-Rじゃない、スカイライン2000GT(ケンメリ)とスカイライン2000GT-X(箱スカ)の詳細比較。
これは資料として、ありがたいですねぇ。保存版!
GT-R系の資料は多いですけど、それ以外のグレードは少ないですからね。

2017-01-04_mook_05
R30スカイライン2000 TURBO GT-ES は、6気筒ターボですよ。
このクルマもありがたい。資料になりますねぇ。

2017-01-04_mook_06
マツダ コスモスポーツ の前期と後期モデルの違い。
新しい発見だ!知らなかったなぁ。勉強になります。

他にも、オリジナル旧車実走インプレ、ガレージ実例で見る旧車の保管方法、ディーラーがおこなう旧車再生法、フェアレディZの電装を現代風にアレンジ、プロのレストア&徹底メンテナンスなど。




2017-01-04_mook_07
夢、あふれていた 俺たちの時代 vol.1「昭和40年男」
2017年2月号

雑誌:増刊版・164ページ
出版社:クレタパブリッシング
発売日:2016/12/16


2017-01-04_mook_08

内容紹介…1
雑誌『昭和40年男』に連載してきた特集「夢、あふれていた俺たちの時代」を6冊にわたってまとめるクロニクルシリーズの第一弾だ。
昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。
そうした勢いを肌で感じながら成長できた俺たちは、今では決して感じることのできない高揚感を数多く体験してきたはず。
そんな“夢、あふれていた時代"からある時期を切り取って、当時の希望に満ちていた日々を振り返る。
第一弾は昭和46(1971)年から昭和48(1973)年までをプレイバック!



2017-01-04_mook_09
カルビー仮面ライダーカードは、集めてましたねぇ。
現在も、我が家には当時のカードが残っています。

内容紹介…2
・『帰ってきたウルトラマン』で「怪獣使いと少年」放送
最大の問題作とも言える回がいかにできあがっていったのか、脚本の上原正三に聞く

・プロボウラー中山律子が爽やか旋風を巻き起こす
ボウリングブームの立役者のひとりである中山律子が語る、ブームの真相とは

・到着が待ち遠しかった『科学』と『学習』
学研のおばちゃんが登場した昭和47年、あの伝説の学習誌のことを語らないわけにはいかない

・『ミラーマン』放送開始
ウルトラマンシリーズとはひと味もふた味もちがったニューヒーローが登場!

・エンタメ総合ガイド誌『ぴあ』創刊
出版業界に革命を起こした情報誌のパイオニア



2017-01-04_mook_10
BCLブームも経験しましたね。
我が家のラジオはスカイセンサー5900

内容紹介…3
・人気マンガ『ワイルド7』がテレビドラマ化
望月三起也の代表作がまさかの実写化、飛葉役を演じた小野進也が語る真実

・山本リンダ『どうにもとまらない』が大ヒット
少年の妄想は、もうどうにもとまらない!

・伊勢正三が語る『神田川』
稀代の名曲がいかにして生まれたか、元かぐや姫メンバーの伊勢正三が語る

・テレビアニメ『新造人間キャシャーン』放送開始
現実を彷彿とさせる危うさを持ったハードアニメーション

・ツチノコが大ブーム!
未知なる生物を求め日本中がツチノコ一色になった






2017-01-04_mook_11
THE SUPER CAR ORIGIN(ザ・スーパーカーオリジン)

ムック:193ページ
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2016/12/16


2017-01-04_mook_12
スーパーカーの写真集です。
できれば、もっと写真点数が欲しかった。
読み物は少なめ目で、あっという間に読んじゃった。

2017-01-04_mook_13
第1章 ランボルギーニ、そしてスーパーカー誕生
LAMBORGHINI 350GT
LAMBORGHINI MIURA P400
LAMBORGHINI JOTA SVR
LAMBORGHINI ESPADA
LAMBORGHINI JARAMA 400 GTS
LAMBORGHINI COUNTACH LP400S


2017-01-04_mook_14
第2章 巨人エンツォのフェラーリ
FERRARI 275GTB/4
FERRARI 365GTB/4
FERRARI 365GT4/BB
FERRARI 512BB
FERRARI TESTAROSSA
DINO 246GTS
FERRARI 308GTB


2017-01-04_mook_15
第3章 伝統のマセラッティ、スーパーカーをつくる
MASERATI BORA
MASERATI MERAK SS
MASERATI CHIBLI


2017-01-04_mook_16
2017-01-04_mook_17
第4章 スーパーカーブームの陰の立役者たち
DE TOMASO MANGUSTA
DE TOMASO PANTERAL
LANCIA STRATOS
LOTUS EUROPA SPECIAL
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER
BMW M1
TOYOTA 2000GT





  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 11月発売の雑誌は「新年号」なのだ!クルマ & プラモデル マガジン

11月のクルマ&プラモデル雑誌の2冊をご紹介!
毎年のことですが、、、(汗
11月発売の雑誌はほぼ新年号ですね。
各出版社それぞれに新年特集は気になるところ。
ただ、私の財布には余裕がないので(大汗;
絞り込んだ特集は!?

それでは、新年号の2冊はこちら↓!
クルマの月刊誌。
2016-12-03_mook_02
Rosso(ロッソ)2017年1月号 Vol.234
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2016/11/26


2016-12-03_mook_03
特集:イオタ白書2017

ミウラ50周年に湧き上がった2016年。
しかし、そのミウラを語る上で、忘れてはならないモデルがある。
たった1台だけがこの世に生を受け、そして激しく散っていったJ=イオタだ。
ミウラのすべてを知るには、ボブ・ウォレスが開発したテスト車、J=イオタを知らなくてはならない。
かつて「イオタ白書」としてイオタの謎を追い続けた本誌だからできる
J=イオタの全貌を、ミウラ誕生50周年記念特別企画としてお届けする。



2016-12-03_mook_04
スーパーカーブームの頃から今もその先も?幻のクルマ・ランボルギーニ イオタ。
幻である意味は、そのクルマが現存していないということ。
しかし、そのレプリカは存在する。
さらに、そのレプリカにも謎が多すぎることがその幻度を増長する。
私もそんなミステリーに惹かれた一人です。
クルマ雑誌の表紙に「イオタ」の文字を見つけると、、、つい。

<ネタバレ>
今回の特集は、イオタの2016年の情報をまとめたもの。
全くの新情報を期待するなら残念ながらご期待には答えられないかも!?

2016-12-03_mook_05
和製スポーツカー頂上対決 HONDA NSX × NISSAN GT-R
だいぶ見慣れてきた「NSX」。明るい色より暗い色の方が似合ってるかなぁ?

2016-12-03_mook_06
1970年代にピニンファリーナが描いた未来のクルマ!?
フェラーリ・モデューロ
これは未来カー?
1970年、日本で開催された万国博覧会。いわゆる「大阪万博」のイタリア館に展示されていたのだ。

2016-12-03_mook_07
これは資料集ですね。
フェラーリ 275 GTB/4

その他のコンテンツ
・中谷明彦の富士全開アタック 最速のポルシェSはどれだ!?
911Turbo S / 911 Carrera S / 718 Cayman S / 718 Boxter S
・スーパーカーの相棒は、4座オープンでキマり。 冬のオープン戦
Mercedes-AMG S 63 4MATIC Cabriolet
Mercedes-Benz C 180 Cabriolet Sports
RANGE ROVER Evoque Convertible-HSE Dynamic Convertible
ほか


Amazon.co.jp


お次は模型雑誌。
2016-12-03_mook_08
モデルアート 2017年 01 月号
出版社:モデルアート社
発売日:2016/11/26


創刊50周年記念特大号

2016-12-03_mook_09
特集:ハウツービルド タミヤ1/48F-14Aトムキャット
クルマじゃあ、ないんですけどー!
いろんな雑誌で評価が高いキットなんですよね。
可変翼のトムキャット、サンダーバード1号のようでカッコよくて好きなんです。

2016-12-03_mook_10
アオシマ 1/24 ランボルギーニ ウラカンLP610-4
アオシマの新作スーパーカーキットの作例。
電飾も施してある、参考資料です。

2016-12-03_mook_11
北澤志朗のネオヒストリック ガレージ
フジミ 1/24 トヨタ クレスタ2.5GTツインターボ 1991
ちょっと古めのクルマの作例。
こういうのが欲しいのね。新作キットが全てじゃない!

2016-12-03_mook_12
LED大作戦
アヴェンタドールを光らせる!
理科、電気が苦手なのよねぇ。
自分でやっても、ちゃんと光るかなぁ。。。

2016-12-03_mook_01




 

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR