1/24 博物館<File No.170>Part 3 スバル インプレッサ 555 #4 RAC

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////

HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
Car Models File-No.170

PCM00270_09
Car Models File-No.170は、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリーです。
さ〜て、久方ぶりのラリーカーです。しかも、1995年の世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得したコリン・マクレーのスバル インプレッサ WRX。もちろん、マニファクチャラーズ・タイトルはスバルが獲得していますよー。

PCM00270_10
──── スバルの躍進

インプレッサのラリーフィールドへのデビューは、コリン・マクレーがドライブするレガシィが初勝利した1993年のニュージーランドラリーの翌戦、1000湖ラリーがその時となりました。デビューしていきなりのトップ快走。しかし、ライトポッド後端が発生させる乱気流が冷却水や雨水を室内に押し込んでしまい、フロントガラスが曇ってしまうという、およそ信じられないトラブルが発生、最終的リザルトは2位になってしまいますが、インプレッサは強烈な印象を、その速さをデビュー戦でアピールしたのです。
 翌1994年、スバルは新たにドライバーとして迎え入れたカルロス・サインツの要求した120項目にも渡る改良をマシンに施しました。特にセンターデフのセッティングの向上はマシンのハンドリングをさらにアップさせ、インプレッサのシリーズ成績は2位に。さらに1995年にはレギュレーションによりリストリクター径が縮小されますが、「EJ20型」エンジンの圧縮比の見直しとカムシャフトの変更により、低速でのトルクとレスポンスをアップさせ、さらにドライバビリティの向上に成功。その年、スバルは遂にマニュファクチャラーズタイトルとドライバーズタイトル1-2位(C. マクレー、C. サインツ)を手中に収めることができたのです。

PCM00270_11
──── スバル 555

スバルは、それまで特定のスポンサーを持っていませんでしたが、1993年からBAT(British American Tobacco)のスポンサーを獲得した事により、マシンカラーはソニックブルーとイエローによる555タバコのロゴが施されるようになりました。このことは、それまでの一番の難敵である“資金不足”を克服、資金が潤沢になりました(日本円にして'90年時の2倍になったと言われています)。そしてそれ以降、スバルのマシンと言えば、このカラーリングが定番になました。

今回1/24博物館で紹介していますRAC仕様は、555ロゴが施されていません。これは、RACラリーの開催されるイギリスがタバコ広告を規制しているためです。やはり、インプレッサは555ロゴの施されたモデルがカッコよく、よく似合いますね。

PCM00270_12


Car Models File-No.170
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER

Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR