【写真集】名古屋モーターショー 2013 Part 18

第18回 名古屋モーターショー in ポートメッセなごや
会期:2013年12月12日(木曜日)〜15日(日曜日)の4日間
会場:ポートメッセなごや

モーターショー・レポート復活!
昨年の名古屋モーターショーの日本車編ですね。
外車メインの2号館からの見学順路で3号館へ行きました。
3号館は日本メーカーのコンセプトカーが展示のメインでした。

──── 名古屋モーターショー…スバル&スズキ編

 スバルはブランドステートメントである「Confidence in Motion」のもと、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDといった独創のテクノロジーで進化を続ける。その存在感はアメリカを中心に世界各国で増しているが、来年春に発売を予定しているブランニューモデル『レヴォーグ』は、日本市場に向けたスポーツツアラーだ。エンジンは低燃費志向の1.6リッターターボとハイパフォーマンス志向の2リッターターボの2本立て。より高度な運転支援を実現した「アイサイト(ver.3)」をはじめ最新技術を数多く採用している。
 スズキは企業スローガンである「小さなクルマ、大きな未来。」に基づき、今求められているクルマ、身近になりつつある将来のクルマ、その先にある未来のクルマを多彩に提案。世界中の人がワクワクし、感動する"新しい物語"をつくるため、四輪車と二輪車を一堂に展示することでスズキの魅力ある商品と独自の先進技術を披露する。

三菱のつづき、、、
NMS2013_3_055
市販化の可能性もあり??
ミツビシコンセプトXR-PHEV
MITSUBISHI concept XR-PHEV
FF(前輪駆動)のPHEVシステムを採用した次世代コンパクトSUV。ドライバーを主役として運転を的確にサポートし安全・安心を高めるコネクテッドカー技術が採用されている。

NMS2013_3_056
最近、デザインがグゥー!
スバル クロススポーツ デザイン コンセプト
SUBARU CROSS SPORT DESIGN concept
スバルが培ってきた「SPORT」と「UTILITY」を融合させたデザインコンセプトモデル。軽快な走りをもたらす全長4300mmのコンパクトなボディながら、乗降性を高めるとともに、快適な室内空間と豊かなラゲッジスペースを確保している。スバルが新たに提案する都市型SUVだ。

NMS2013_3_057
次世代ジムニーのプロトタイプモデル!
エックス・ランダー
SUZUKI X-LANDER
ジムニーベースのハイブリッド本格四駆。全長3600㎜、全幅1695㎜のボディに、1.3リッターエンジンと高効率モーターを搭載する。優れた環境性能に加え、低速域でのモーターアシストによる圧倒的な走破性を実現。コックピットのディスプレイはタイヤ付近の死角映像を映し出す。

NMS2013_3_058
“エコカーに見えないエコカー”がテーマ!
クロスハイカー
SUZUKI Crosshiker
コンパクトなサイズながらも、ボリューム感あるボディーにコンパクトなキャビンで構成されるプロポーション。日本車離れしたスタイルで表情豊かな造形をしているのが特徴だ。

NMS2013_3_059
なんちゃって!カッコいい!!
ハスラークーペ
SUZUKI HUSTLER Coupe
ハスラーの派生モデルとして4ドアボディのまま、ハスラーよりも全高が低く抑えられ、後方に行くに従ってなだらかに落ち込むルーフラインが外観上の特徴。非常にユニークだけどスタイリッシュ!しかし、居住性が求められる軽自動車として市販化の可能性は残念ながら、、、あくまでもコンセプトカー?!

NMS2013_3_060
▲ハスラークーペは、イメージ的にはMINIクロスオーバーに対するMINIペースマン、BMW X5対するX6という感じに近い。
クーペと言うことで、専用デザインの前後ランプ、アルミホイール、ピラー埋め込み式のドアハンドルで、ハスラーと差別化している。コンセプトモデルですが、パワートレーンやメカニズムなどはハスラーに準じており、エネチャージ+アイドリングストップ機能付きの0.66リッターエンジンとCVTを採用する。

NMS2013_3_061
こちらが市販車!
スズキ ハスラー
SUZUKI HUSTLER
自然が好き! アウトドアが好き! スポーツが好き! そんなアクティブなライフスタイルに似合う新ジャンルの軽クロスオーバーモデルがハスラーだ。大径タイヤと余裕のある最低地上高により、高い走破性を実現。ヒルディセントコントロールを装備するなど、ラフロードでの走行にも対応する。

NMS2013_3_062
▲前後シートを倒せば荷室の方までほぼフラットな状態となるので「身長180cmの人でも寝られ、しかも天井に荷物を載せるラックが付けられる。助手席は背もたれを倒せばテーブルになり、座面下には靴などを収納可能。

NMS2013_3_063
▲オレンジ色の展示車後部に見えるタープも純正アクセサリーとして発売が予定されており「海水浴やサーフィンに行ったときには着替えをするのに便利」そうです。荷室には濡れた物もそのまま積めるようになっている。

これは楽しそうな提案のあるクルマが発売されましたね。クルマ離れしている若者が、カップルでキャンプに行ったり、泊まりがけで"夏フェス"に行ったり、、、そんな使い方どう?
それにCMもなかなかインパクトあっていい!。

──── 2号館から3号館へ移動

再会しました、名古屋モーターショー【写真集】。
国産メーカーはここで終了です。
まだ、1号館が残っているのですよ(汗

1/24博物館を挟んで、1号館を紹介しようと思います。
では、次回は博物館で。。。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR