【写真集】名古屋モーターショー 2013 Part 17

第18回 名古屋モーターショー in ポートメッセなごや
会期:2013年12月12日(木曜日)〜15日(日曜日)の4日間
会場:ポートメッセなごや

モーターショー・レポート復活!
昨年の名古屋モーターショーの日本車編ですね。
外車メインの2号館からの見学順路で3号館へ行きました。
3号館は日本メーカーのコンセプトカーが展示のメインでした。

──── 名古屋モーターショー…三菱編

三菱は「環境への貢献」「走る歓び」「確かな安心」を実現する次世代先進技術「@earth TECHNOLOGY」を柱に、SUVの機能性と安心感を象徴する新たなデザインのコンセプトカーを披露する。そのひとつが次世代ラージSUVの『ミツビシコンセプトGC-PHEV』。圧倒的な走破性に加えて、新開発のプラグインハイブリッドEVシステムや予防安全技術「e-Assist」、先進の情報システムを活用したコネクティッドカー技術を搭載する。ダウンサイジングコンセプトを取り入れた次世代コンパクトSUV『ミツビシコンセプトXR-PHEV』と合わせて、マーケットやセグメントに応じた最適なPHEVシステムを提案する。

ホンダ「NSXコンセプト」のつづき、、、
NMS2013_3_046
NSXよ、枠にはまるな。
NSXコンセプト
NSX concept
ミッドシップ配置のV6エンジンに高効率モーター内蔵のDCTを組み合わせ、前輪の左右を独立したモーターで駆動させる電気式四輪駆動システムを搭載する次世代スーパースポーツ。これをベースにしたNSXは2015年から北米を皮切りに各地域へ順次投入される予定だ!

NMS2013_3_047

NMS2013_3_048

NMS2013_3_049
▲NSXコンセプトはここまで!

NMS2013_3_050
すでに試乗可能!
ホンダ ヴェゼル
HONDA VEZEL
ホンダはこのヴェゼルを、SUVの力強さ、クーペの艶やかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには燃費性能まで、ジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させた 全く新しいクルマであり、新しいジャンルのクルマであるとしています。

NMS2013_3_051
▲ホンダのSUVと言えば、「CR-V」という印象ですが、CR-Vがメインの市場である欧米でのニーズに応えてサイズアップして行く中、ダウンサイジング志向が強い国内市場ではワンサイズコンパクトなSUVが求められていました。そこに投入されたのがこのヴェゼル。販売間もないクルマですが、好調な注文状況だそーです。

NMS2013_3_052
アメリカ生まれのプレミアムEV!
テスラ モデルS
TESLA MODEL S
モデルSは、世界初のプレミアム電気自動車セダンです。電気自動車としてゼロから 設計されたモデルSは、最大500kmまでの前例のない航続距離を提供し、一滴の ガソリンも使うことなく4.6秒で時速100kmまで加速することができます。

NMS2013_3_053
▲モデルSはEV専業メーカーがつくるセダンタイプの高級車。心臓部には定評あるテスラ パワートレインを採用し、剛性の高いボディ構造に、ほぼ50:50の前後重量配分を実現している。そして重心位置が極めて低いモデルSは、セダンの上質な乗り心地と、世界最高のスポーツカーと同等の応答性と俊敏性を両立しています。

NMS2013_3_054
すべては、頼もしい走りのために。
ミツビシコンセプトGC-PHEV
MITSUBISHI concept GC-PHEV
3リッターV6スーパーチャージャーエンジン、8速AT、高出力モーター、大容量バッテリーなどで構成するプラグインハイブリッドEVシステムを搭載する次世代ラージSUV。室内センターにあるのは大型のタッチスクリーンで、インターネットを使った情報などを表示する。

──── 2号館から3号館へ移動

再会しました、名古屋モーターショー【写真集】。
年を跨いでしまったので、鮮度があったものではありませんが、お許しを。
写真を整理しておきたいので、しばらくお付き合いください。

次回はさらに三菱から最後、、、へ!
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR