【写真集】名古屋モーターショー 2013 Part 16

第18回 名古屋モーターショー in ポートメッセなごや
会期:2013年12月12日(木曜日)〜15日(日曜日)の4日間
会場:ポートメッセなごや

モーターショー・レポート復活!
昨年の名古屋モーターショーの日本車編ですね。
外車メインの2号館からの見学順路で3号館へ行きました。
3号館は日本メーカーのコンセプトカーが展示のメインでした。

──── 名古屋モーターショー…ホンダ編

1962年に全日本自動車ショーで小型スポーツカー『スポーツ360』を出展し、翌63年に四輪ビジネスの船出を迎えたホンダは2013年、四輪車販売50周年。「枠にはまるな。」をテーマとしたブースは、そんな節目に相応しい"華"のあるスポーツカー「S660コンセプト」と「NSXコンセプト」の2台を中心に、独創のモビリティを提案する。

ホンダ「S660コンセプト」のつづき、、、
NMS2013_3_037
ホンダからスポーツカーの喜びを新提案!
ホンダS660コンセプト
HONDA S660 concept
カッコいいなぁ。現在市販されているFF車でニュルブルクリンク最速ラップを誇るのがルノーのメガーヌR.S.です。ルノー自ら筑波や鈴鹿サーキットでもタイムアタックをするなど、日本でも本気でクルマを仕上げてきていますねぇ。硬派な乗り味とスパッと決まるMTのシフトフィールはまさしく本格スポーツハッチの名に恥じないもので、イエローのイメージカラーが印象的でカッコいいだな。

NMS2013_3_038
▲シート後ろの黒いロールバーから直線的にリヤへとスラッと流れるラインがデザイン上の特長になっています。

NMS2013_3_039
NSXよ、枠にはまるな。
NSXコンセプト
NSX concept
ミッドシップ配置のV6エンジンに高効率モーター内蔵のDCTを組み合わせ、前輪の左右を独立したモーターで駆動させる電気式四輪駆動システムを搭載する次世代スーパースポーツ。これをベースにしたNSXは2015年から北米を皮切りに各地域へ順次投入される予定だ!

NMS2013_3_040
▲「グランツーリスモ6」ですでにドライブした方もみえると思います。
サーキットを走行するプロトタイプモデルまで完成しているので、市販化に向けて着々と開発が進んでいることをうかがわせる「NSXコンセプト」。

NMS2013_3_041
▲お値段はおいくらなんでしょーか?
大方の予想では、車両価格は日産 GT-R(905万円〜)を超え、1145万円〜のポルシェ 911並になると。。。すでに英国ホンダでは価格未定のままで予約受注がスタートしているそーですよ。

NMS2013_3_042
▲まだ1年ありますからねぇ。枠にはまらず、進化してほしいなー<とくにスタイル!

NMS2013_3_043
▲3モーターハイブリッド「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling - All Wheel Drive)」により、4輪を駆動するシステムを搭載。フロント2輪を2つの独立モーターで、リア2輪はV型6気筒ツインターボエンジン+1モーター内蔵トランスミッションで駆動する。コーナリング性能が飛躍的に高まり、同時に燃費の大幅な改善も達成。本来は相反するスポーツとエコを両立する「NSXコンセプト」。

NMS2013_3_044
▲ルーフからリヤに流れるようなラインのクォーターパネル。パネルとガラスの間には冷却のため空気が通るスキマが設けられている。

NMS2013_3_045
▲カーボン製のブレーキディスクが装着されています。

──── 2号館から3号館へ移動

再会しました、名古屋モーターショー【写真集】。
年を跨いでしまったので、鮮度があったものではありませんが、お許しを。
写真を整理しておきたいので、しばらくお付き合いください。

次回はさらにホンダからホンダへ?!
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR