【写真集】名古屋モーターショー 2013 Part 12 つづき(汗

第18回 名古屋モーターショー in ポートメッセなごや
会期:2013年12月12日(木曜日)〜15日(日曜日)の4日間
会場:ポートメッセなごや

モーターショー・レポート復活!
昨年の名古屋モーターショーの日本車編ですね。
外車メインの2号館からの見学順路で3号館へ行きました。
3号館は日本メーカーのコンセプトカーが展示のメインでした。

──── 名古屋モーターショー…トヨタ編

「FUN TO DRIVE,AGAIN.」のスローガンを掲げるトヨタ。そこには「もう一度、クルマに、ドライブに、楽しさを見つけよう」。「新しいクルマの楽しみを創造したい」。そんな思いが名古屋モーターショーの展示にも現れてます。トヨタは日本自動車メーカーのリーダー的立ち位置で、様々な方向性でクルマを楽しませる工夫を見せる。
「ある朝、目が覚めるとTOYOTOWNが大変なことになっていた」。

NMS2013_3_001
操作する楽しさにフォーカスした未来の乗り物!
トヨタFV2
TOYOTA FV2
ドライバーの体重移動で操作できるという1人乗りコンセプトEV(電気自動車)の「FV2」。セグウェイのような立ち乗り型の乗り物で、ホイール部分も含め外装がディスプレイ化されていて、ドライバーの描く走りの意思がボディに現れる。

NMS2013_3_002
▲「FV2」の大きさは 3000 x 1600 x 990 mmで、運転時は、前方部分が跳ね上がってバイクのカウルのようになり、立ち乗りで操作するそうです。コンセプトは「直感で感じあえるクルマ」。運転席側から見ると、跳ね上がったカウルの裏側が運転用のディスプレイになっています。

NMS2013_3_003
トヨタ版 次世代タクシー!
JPNタクシーコンセプト
TOYOTA JPN TAXI concept
全長4350㎜、全幅1695㎜、全高1700㎜という取り回しのいいボディに大開口電動スライドドアを採用したユニバーサルデザインの次世代タクシー。優れた乗降性とゆとりある室内空間を実現するとともにタクシーの走行パターンに最適なLPGのハイブリッドシステムを採用している。

NMS2013_3_004
ハチロク オープン登場!
FT-86 オープンコンセプト
TOYOTA FT-86 Open concept
これ、4シーターのオープントップモデルなのですよ!2+2のパッケージングは、「屋根に応力が掛からないように」など、86は開発当初からオープンモデルの構想が盛り込まれていたそうです。
ただ、残念ながら今のところ市販化前提などのアナウンスはありません。

NMS2013_3_005
▲サイドビュー。まさに最初から想定されていた、という言葉がぴったりとくるナチュラルでスマートなフォルム!
ハードトップでなくソフトトップを採用しているのは、クラシカルな雰囲気を演出することと、持ち前の高い運動性能をスポイルしないよう重量増を最小限に抑えることが大きな理由だそうです。オープンモデルといえど、走りを追求する「86」の立ち位置ならでは。
タイヤサイズは225/35 R19。ブレーキはフロント6ピストン、リア4ピストンが付くが、これはあくまでもショーモデル用とのことです。

NMS2013_3_006
トヨタは2015年にFCVの市販を開始!
トヨタFCVコンセプト
TOYOTA FCV concept
実用性の高いセダンタイプの次世代燃料電池自動車(FCV)。ボディサイズは全長4870㎜、全幅1810㎜、全高1535㎜で、小型・軽量化した燃料電池や高圧水素タンク2本を床下に配置する。約3分間の水素充填で実用航続距離500㎞以上。災害時などに役立つ外部電源供給機能を備える。

NMS2013_3_007
▲エクステリアは、FCVならではの「空気を吸い水を生成する機能」とモーターによる「力強い走り」の イメージを具現化。フロントは、空気を吸い込む大型サイドラジエーターグリルを強調したデザインを採用。 サイドは、空気から水への流れを豊かなドア断面で表し、リヤは、カタマラン(双胴船)をモチーフに水が流れるイメージを表現。また、充填リッドには水の波紋をモチーフにしたデザインを採用しています。

NMS2013_3_008
パーソナルモビリティ・コンセプト
トヨタ i-ROAD
TOYOTA i-ROAD
超小型パッケージによる、バイク並みの使い勝手とクルマに近い快適性・安定性を両立した、新しい乗り味と楽しさを提供するパーソナルモビリティのコンセプトモデルです。

NMS2013_3_009
▲ドライバーは車体の左右中央に座ります。まるでレーシングカーのようなレイアウト!
フロント2輪・リヤ1輪というレイアウトで、コーナリング時にはバイクのように車体を傾ける「アクティブリーン」と呼ばれる機構が作動して安定したコーナリングを可能にしています。車体サイズは全長2350×全幅850×全高1445ミリメートルで、乗車定員は2名。
インパネの左側のスイッチ=ドライブモードはインパネ左のスイッチで切り替えます。「R」「N」「D」の3モードだけ。

──── 2号館から3号館へ移動

再開しました、名古屋モーターショー【写真集】。
年を跨いでしまったので、鮮度があったものではありませんが、お許しを。
写真を整理しておきたいので、しばらくお付き合いください。

次回はレクサスからダイハツへ。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR