1/24 博物館<File No.164>Part 3 カローラレビン(TE27)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.164 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA COROLLA LEVIN [TE27]
フジミ 1/24 カローラレビン(TE27)
Car Models File-No.164

PCM00264_09
Car Models File-No.164は、フジミ 1/24「カローラレビン(TE27)」です。キットはパーツ点数が少なく、ボディの形状等も結構いい線いってます。個人的にも好きなキットです。
ただ、ワイパーの形状だけはヘンなので気に入りませんが…

PCM00264_10
──── すべてはカローラから始まった

1966年に大衆車として誕生した初代カローラ。その2年後のマイナーチェンジのとき、2ドアクーペがラインナップに加わりました。それが「カローラスプリンター」です。つまりスプリンターはカローラのバリエーションから派生した車種だったのです。1970年の2代目へフルモデルチャンジのタイミングで「カローラ」と「スプリンター」に分けられたのですが、コンポーネンツは共通でした。
PCM00264_11
──── 売りはコンパクトボディにハイパワーエンジン!

1972年3月、2代目カローラ(KE20)のクーペボディにセリカ1600GTに搭載されていた2T-Gエンジンをスワップしたホットバージョンとして誕生したのが初代カローラレビン(TE27)でした。ちなみにスプリンター(KE25)のクーペボディに同様に2T-Gエンジンを組み込んだものが初代スプリンタートレノ(TE27)。2T-Gエンジンは排気量1600cc・DOHCでソレックスキャブを装着し115馬力を発生する高性能エンジンです。セリカはカローラより一回り大きいクルマです。セリカ用に開発された2T-Gを車重がたった855kgのカローラのボンネットの下に押し込んだのですから、想像するだけで楽しいですよね。若者が憧れますよね〜。ちなみに2T-Gはハイオク仕様ですが、レギュラー仕様の2T-GRもあって、どちらか選択することができました。こちらは110psと少し劣っていますが、チューンナップを前提としていればまったく問題ありません。
PCM00264_12
──── 売りはコンパクトボディにハイパワーエンジン!…その2

サスペンションはフロントがストラット+コイルスプリング、リアが半楕円リーフ・リジットで、スポーツモデルらしく固めにセッティングされていました。見た目のカローラとの違いは、ビス止めのFRP製オーバーフェンダーが取り付けられていることです。1972年8月にマイナーチェンジを受けます。そこでフロントマスクが変更されます。フジミ製カローラレビンは後期型を造形しています。


Car Models File-No.164
フジミ 1/24 カローラレビン(TE27)
FUJIMI 1/24 TOYOTA COROLLA LEVIN [TE27]

Car Models File-No.164 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



1/24インチアップディスクシリーズ53 TE27レビン '721/24インチアップディスクシリーズ53 TE27レビン '72
フジミ模型

商品詳細を見る
初代カローラレビン [TE27]
キットの中身はパーツ数が少なく、アッサリしています。
意外に作り易い?!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR