1/24 博物館<File No.164>Part 2 カローラレビン(TE27)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.164 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA COROLLA LEVIN [TE27]
フジミ 1/24 カローラレビン(TE27)
Car Models File-No.164

PCM00264_05
Car Models File-No.164は、フジミ 1/24「カローラレビン(TE27)」です。なんとっ、エンジン部品が(パーツ1ヶですが)あります。ボンネットがこじ開けられます!
このモデルはそんな面倒な加工はしていません。

PCM00264_06
──── カローラレビン(TE27)のスペック(前期型:レビン1600)

■全長×全幅×全高:3945 × 1595 × 1335mm ■ホイールベース:2335mm 
■トレッド(前/後):1270mm/1295mm ■車両重量:855kg 
■エンジンタイプ:直列4気筒DOHC ■エンジン形式:2T-G
■総排気量:1588cc ■ボア×ストローク:85.0 × 70.0mm ■圧縮比:9.8 
■燃料供給装置:ソレックス40PHH(ツイン) ■最高出力:115ps/6400rpm ■最大トルク:14.5kgm/5200rpm
■ブレーキ(前/後):ディスク/リーディングトレーリング
■サスペンション(前/後):ストラット/半楕円リーフ・リジット
■タイヤ:175/70HR13 ■価格(1972年当時):813,000円
PCM00264_07
──── カローラレビン(TE27)序章

 1970年といえば、大阪でアジア初の『万国博覧会』が開催されました(私も2回行きました)。
一方、国内のサーキットでは『トヨタ vs 日産』の熾烈な争いが繰り広げられていたのです。
自動車レースの世界は日産スカイライン(S54B)の連勝を阻止すべく、トヨタ1600GTを投入。
見事、1600GTはスカイラインを撃破!
それに対して日産からは、2000cc4バルブDOHCのスカイラインGT-Rを投入。なにせ心臓のS20エンジンはレーシングカーR380のGR8型をベースにしたものでしたから。GT-Rは破竹の50連勝を飾ろうとしていたのです。
この争いは市販車市場でも同様の様相を呈していました。『トヨタカローラ vs 日産サニー』の熾烈なシェア争いです。
そんな中、トヨタが市場投入したのが2代目カローラ(TE20系)。
市販車ではトヨタがリード、とどめを刺すように1972年(昭和47年)トヨタが誇る量産ツインカムエンジンの2T-Gを搭載するカローラレビン(TE27)&スプリンタートレノ(TE27)を世に送り出したのです。
PCM00264_08

Car Models File-No.164
フジミ 1/24 カローラレビン(TE27)
FUJIMI 1/24 TOYOTA COROLLA LEVIN [TE27]

Car Models File-No.164 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



1/24インチアップディスクシリーズ53 TE27レビン '721/24インチアップディスクシリーズ53 TE27レビン '72
フジミ模型

商品詳細を見る
初代カローラレビン [TE27]
キットの中身はパーツ数が少なく、アッサリしています。
意外に作り易い?!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR