【写真集】名古屋モーターショー 2013 Part 10

第18回 名古屋モーターショー in ポートメッセなごや
会期:2013年12月12日(木曜日)〜15日(日曜日)の4日間
会場:ポートメッセなごや

──── いままでとはひと味違う!?名古屋モーターショー

第18回、名古屋モーターショーは、1979年に第1回目を開催して以来、東京モーターショーと同じく2年に一度開催し、今年で18回目。国内外の四輪・二輪車メーカーのコンセプトカーや最新市販車が勢ぞろい、ほか様々なイベントを併催。18回は、国内四輪9、国内二輪2、輸入四輪29、輸入二輪7、過去最多となる合計47ブランドが出展しました。
会場では、最新の一般市販車の試乗会やセーフティドライブの体験試乗などを実施。また、同時開催の「あいちITSワールド2013」では、パーソナルモビリティの体験試乗のほか話題の自動運転車両の同乗試乗なども行われた。
またステージイベントでは、プロ野球・中日OBの山崎武司さんによるトークショー「僕の思い出の1台、憧れの1台」、トリノ五輪金メダリスト・荒川静香さんと元GPライダー・中野真矢さんによるバイクフォーラム「風を感じて走ろう!」などが行われました。

今回の【写真集】はジャガーFタイプから巷で話題のBMW M4

NMS2013_2_091
名車のDNAを受け継ぐリアルスポーツ!
ジャガー Fタイプ R クーペ
JAGUAR F-TYPE R COUPÉ
世界で最も美しいクルマと称された名車「Eタイプ」の血統を受け継ぐ2シーターオープン「Fタイプ」。そのクーペが登場。
本格的な走行性能に加えて、美しいデザインが特徴となっている。

NMS2013_2_092
▲向かって右側に「R」のエンブレム!ただ者じゃない証!?
その「R」っていうのは、ジャガーの各モデルは、シリーズ最強のエンジンと足回り、そしてアグレッシブな内外装で武装した高性能バージョンであることを意味するわけですよ。
もう一つ、リアのテールゲートは、残念ながら往年の「Eタイプ」のように横ヒンジ開くのではなく、一般的な上ヒンジとなっているそうですが、電動開閉機能を備え「ゴルフバッグが2個収納」できるそうです。

NMS2013_2_093
▲東京モーターショーで公開されたときの資料を見ると、フロントに搭載される5リッターV型8気筒エンジンはスーパーチャージャーで武装して、オープントップ仕様の最上級グレード「Fタイプ V8 S コンバーティブル」を大きく凌ぐ最高出力550ps/6,500rpmと最大トルク69.3kgm/2,500-5,500rpmを発揮。8速「クイックシフト」オートマティック・トランスミッションを介して後輪を駆動。0-100km/hを4.2秒で加速し、最高速度は300km/hでリミッターが作動するそうです。
さらに第2世代の電子制御アクティブ・ディファレンシャルと共に、ブレーキを利用して左右後輪のトルク配分を制御するトルクベクタリング・バイ・ブレーキというシステムを搭載。「さらなる俊敏性と限界に挑む操作性を実現」しているという。

NMS2013_2_094
ランドローバー史上最速のSUV!
フォード フィエスタ
FORD FIESTA
欧州で1976年に初代がデビューして以来、累計販売台数1500万台を超えるベストセラーコンパクトカー。来年初頭に日本導入される最新モデルは最高出力100psを発生する1リッター3気筒ターボエンジン搭載の5ドアモデル。ボディサイズは全長3995mm、全幅1720mmとなっている。

NMS2013_2_095
濃縮されたレーシングカーの遺伝子!
BMW コンセプト M4 クーペ
BMW CONCEPT M4 COUPE
突出した運動性能を予感させる躍動感あふれるデザインにレーシングカーの遺伝子と、日常の足としても活躍する実用性をあわせ持つ一台。
ルーフなどに炭素繊維強化樹脂を採用し、徹底したライトウエイトデザインを実現しています。

NMS2013_2_096
▲3シリーズクーペが廃止、新たに『4シリーズ』となったことで、M3のクーペも新たに「M4クーペ」として生まれ変わる。今回公開されたのは次期M4クーペのデザインを示したもので、「コンセプトM4クーペ」と名付けられています。

NMS2013_2_097
▲「オータム・ダスト」とBMWが呼ぶ特別な金色にまとわれたボディがまず目をひく。大型のバンパー、大口のエアインテーク、張り出したフェンダー、大口径のマフラーなどの各パーツの力強さをより際立たせている。スポイラー、ルーフ、リアアンダーディフューザーなどにはカーボン素材が用いられ、デザインのアグレッシブさだけでなく、走行性能の高さも期待しちゃいますね。

しかし、詳細スペックや発売時期などは明らかにされていません。

NMS2013_2_098
さらなる進化を遂げた、スカンジナビアン・スポーツセダン!
ボルボ S60
VOLVO S60
ボルボS60がマイナーチェンジで進化!ヘッドランプ、グリル、バンパー等の形状が大きく変わったことに加え、安全装置の内容を充実させています。リアウィンドウの傾斜角を大きくすることでクーペ的な雰囲気を持つ独特のキャラクターデザインが人気です。
個人的な話ですが、ファルツァ4(レーシングゲーム)で非常に相性の良かったクルマです

NMS2013_2_099
270psを誇る最強の「RCZ R」国内発売!
プジョー RCZ-R
PEUGEOT RCZ-R
プジョー・シトロエン・ジャポンは、2012年のパリモーターショーでコンセプトカーとして登場し、今年グッドウッドの丘を駆け抜けた、プジョー「RCZ R」を日本に導入。来春、150台限定で発売すると発表した。「RCZ-R」は、プジョーのスポーティクーペ「RCZ」をベースに、モータースポーツ部門プジョー スポーツがエンジニアリングをほどこした、もっともパワフルなモデルです。

NMS2013_2_100
▲前輪駆動でありながら、1.6リッター直列4気筒ターボエンジンから最高出力270psを発揮するRCZ-R。排気量1リッターあたり170psという数値は、プジョー市販車のなかでも最強のエンジンなのです。このハイパワーなエンジンを構成するために、シリンダーブロックは特殊な熱加工がほどこされ、ピストンヘッドはF1に使用されるレベルのアルミ素材を採用。さらに大型ターボチャージャーをはじめとした高い技術が注ぎ込まれています。

──── 人の波につられて2号館から

2号館は、まさにスーパーカーショー状態でしたね。
ジャガーFタイプいいですねぇ
BMWのM3も迫力があっていいですね。
う〜ん、スーパーカーはカッコいいなぁ!
つぎは、いよいよ2号館最後のレポートです。

もうひと頑張り、つづく!
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR