【写真集】名古屋モーターショー 2013 Part 5

第18回 名古屋モーターショー in ポートメッセなごや
会期:2013年12月12日(木曜日)〜15日(日曜日)の4日間
会場:ポートメッセなごや

──── いままでとはひと味違う!?名古屋モーターショー

第18回、今回の名古屋モーターショーで、ひときわ注目を集めているのがマクラーレン。現在のところ、同ブランドは名古屋にショールームを構えていないが、今回の名古屋モーターショーの反響を見て出店を検討するという。展示されていたのは2台の12C。P1の姿がなかったのは残念でしたが、それでも観客の視線は熱かった。小さな子供が不意にクルマに触ってしまったから、お父さんが怒って怒って、、、これだけ熱いならショールーム「マクラーレン名古屋」オープンは確実か!?

【写真集】はマクラーレンのつづきから
NMS2013_2_041
F1マシンのDNAを受け継ぐ!
マクラーレン MP4-12C スパイダー
MCLAREN MP4-12C Spider
GPSナビゲーションシステムやオーディオ、センターコンソールの通話機能を搭載したオンボードディスプレー「IRIS」は素晴らしいグラフィックスと高速インターフェースを備えている。

NMS2013_2_042
スパイダーにできてクーペにできないことがある!

それはリアウィンドウの開閉です。もともと、オープン時にはエアディフレクターの役割も果たすこのリアウィンドウは、ルーフの開閉とは関係なく、独立して開け閉めができるのです。つまり、ルーフを閉じていてもリアウィンドウを開けられるということ。こうすると、キャビン後方で響くエンジン音がダイレクトにキャビンへ飛び込んできて、ドライバーの気分をさらに盛り上げてくれるですねぇ。

NMS2013_2_043
ほら、ボディにさわれちゃうよ♪この近さっ!
マクラーレン MP4-12C クーペ
MCLAREN MP4-12C
登場したのが2011年ですか。年間1000台を生産。日本への導入は2012年、価格は2,790万円。

NMS2013_2_044
▲メーター類は、センターにあるタコメーター以外は液晶パネルなどによりグラフィック表示されます。警告等の情報は日本語化されており、日本人が乗っても問題ナシッ!操作のほとんどは電子スイッチやタッチパネルとなっていて、サイドブレーキも電子スイッチによる操作。変速モードやサスペンションのセッティングの変更もすべて電子スイッチなのだぁ。

NMS2013_2_045
▲エキゾーストエンドはライセンスプレートの上方にあります、わかりますか?
その上に可動するウイングがあり、角度を変えることでダウンフォースを高め、ブレーキ性能を高めるエアブレーキを兼用します。テールライトがわかり難いですが、スリットの間にLEDライトを装備。プレート下部にバックライトがあり、それも白色LEDが備わっています。

NMS2013_2_046
▲エンジンはクリアーなハッチの下に収まってます!
エンジンはV型8気筒3.8リッターツインターボ「M838T」でマクラーレンの自社開発。最高出力は441kW(600PS)/7000rpm、最大トルクは600Nm/3000-7000rpm。最高速は330km/h。

NMS2013_2_047
蘇ったデトロイト・スピリッツ!
クライスラー 300
CHRYSLER 300
「CHRYSLERの頂点であり、新たな原点でもある。」そんなキャッチフレーズを持つ、往年のアメリカ車を思わせるレトロデザインが特徴の高級ビッグセダンが「300」。エンジンは3.6リッターV6と6.4リッターV8の2本立て。駆動方式はFRで、その豪快な走りはまさに現代版マッスルカー!

NMS2013_2_048
世界基準のプレミアムコンパクト
クライスラー イプシロン
CHRYSLER YPSILON
ボリューム感のあるデザインを得意とするアメリカの「クライスラー」と、イタリア生まれの「ランチア」のDNAを持つ「クライスラー・イプシロン」。特徴的なデザインは大人の魅力が加味された「独特な美」を持っていますね。…つまり、スリムや筋肉質だけが美しいわけではないよ、大人の魅力って。そんな品のある佇まいを提案しているようです。

NMS2013_2_049
あらゆる自然にチャレンジ!
ジープ ラングラー
JEEP Wrangler
「背広て乗ってもカッコイイじゃない!?」アスファルトも似合うジープ・ラングラー。
この展示、ボディ剛性の高さを理解してもらうため、太いラダーフレームを見せよーとしているのね。

NMS2013_2_050
進化したプレミアムSUV
ジープ グランドチェロキー
JEEP Grand Cherokee
グランドチェロキーは、ダイムラーとの共用化によってメルセデス・ベンツ「MLクラス」の主要コンポーネントをモディファイして採用しているのです。デザインは近代的なジープらしくクリーンで分かりやすい面構成、そしてインテリアもスッキリしていて使い勝手よさそーです!


──── 人の波につられて2号館から

2号館は、まさにスーパーカーショー状態でしたね。
マクラーレン身近に見られて感動でした。
次回出るか、フェラーリ!?う〜ん、スーパーカーはカッコいいなぁ!
つづく!
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR