ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.163>no映像資料wo探そう♪

学芸員:カンチョー!あけましておめでとうございます。
学芸員:本年もよろしくお願いいたします。
館長:おめでとう!今年も一緒に頑張ろうな!
館長&学芸員:博物館をご利用のみなさま!あけましておめでとうございます。
館長&学芸員:本年も博物館のご利用をよろしくお願いいたします。

館長:それでは新年の1発目いってみようかの。
DOME-zero_01
館長:今年の初まりCar Models File-No.163は、「童夢-零」だ。
館長:これは日本初のスーパーカーだぞ、残念ながら生産されることはなかったが、、、。探そー♪ みんなっ!
学芸員A:初物づくしで縁起がいいですねっ!
学芸員B:わかりました!
DOME-zero_02
学芸員A:写真がありまーす!
館長:どうだい、このフロントマスク!まるで宇宙船じゃないかぁ!?
館長:1978年の3月2日に一般公開されたスイス伝統のジュネーブショーの設営で日本から持ち込まれたスーパーカー「童夢-零」を見て会場内がどよめいたそうだ。
学芸員B:どうしてですか?
館長:この年の第48回ジュネーブショーは16カ国88社が参加して、例年通り華やかだったが、残念なことにショーの目玉となるスーパーカーの出展が1台もなかったそうだ。
DOME-zero_03
館長:ショーの主催者は、最初「童夢-零」を見るまでは聞き慣れない「童夢」という名前に気にもとめず、会場の片隅にブースを割り当てたが、「童夢-零」を見たとたん展示場所を変更したそうだ。
館長:それは、会場の裏通りから表通りが与えられたのだ。これで「童夢-零」は華々しいデビューを果たしたのだ。
学芸員A:このヘッドライトはユニークですね。
学芸員B:リトラクタブル式のヘッドライトですね。高下駄を履いているように2段になってますね。
DOME-zero_04
館長:上部のサイドウィンドウははめ殺しだよ。その下の窓下部のアクリルパネルが開閉するのだ。
館長:それに左右でエアインテークの形状が違うだろ。右は1つ、左は2つあるよ!
学芸員A:非常にユニークですね。ウェッジシェイプの効いたボディはスピード感溢れ、独創的です。
館長:平面と曲面が破綻なく、ひとつの塊にまとまっていていながら、緊張感も醸している。
館長:空気抵抗係数のCd値は0.37だ。
DOME-zero_05
館長:エクステリアの特徴は「世界一低い全高」。なんと全高は980mm!
館長:それに前後でタイヤサイズが異なっていることだ。まさにレースカーを作るクルマ屋だからできることだ。
学芸員B:調べたところ、タイヤサイズはF1マシンのようにフロントが小径で185-65VR13、リヤが225-55VR14です。
DOME-zero_06
学芸員A:シャーシはスチールモノコック、ボディはFRPセミモノコックで、サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンのコイルスプリング、ダンパーはカヤバ工業製ガス室分離式です。フー、長かった。
館長:エンジンは当時の市販エンジンのなかで最高馬力を持つ日産L28型をチョイスしている。直列6気筒SOHCのインジェクション仕様で145ps/5200rpmを発生する。
DOME-zero_07
学芸員A:インテリアも直線基調で、ステアリングホイール横にみえる操作パネルも未来的。
館長:メーターパネルにはデジタル表示を採用している。ウィンカーはセンサー前を通る手の動きを赤外線で感知して、作動する方式が採用されている。ちなみにシフトレバーは右側。
DOME-zero_08
学芸員B:フロントにはラジエターが仕込まれております。ボンネットの上に空いている四角い穴はその熱を逃すためのもの。ボンネットはFRP製。
学芸員A:フロントウィンドウは当時はまだ珍しかった3次元ガラスが採用されています。
館長:それでは次は映像を探そうか!
学芸員:アイアイサー!
学芸員B:こ・こ・これはっ!

館長:ありがたや、貴重な映像だ!
学芸員A:ゲームのグランツーリスモ4や同5に採用されていたので、ゲームのリプレイがたくさんありますね。
学芸員B:これはショーでのお立ち台の上で回っています。

館長:ノスタルジックカーショーって感じかな?
館長:みんな、今日はご苦労さん!ここまでにして飲みに行こー!
学芸員:新年会ですか??
<後日談>
グランツーリスモ6にも「童夢-零」は収録されていましたので、レース中の「童夢-零」をパチり!
512BB-vs-DOMEzero
これは国内B級のクラシックスポーツカーレースのひとコマです。
私は反則技のフェラーリ512BBです(汗
敵車の一台が「童夢-零」でした。
DOMEzero
「童夢-零」に照準を合わせて。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR