ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.160>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.160 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN SILVIA DOHC RS
フジミ 1/24 ニッサン シルビアHT・RS(S110)
Car Models File-No.160

PCM00260_01
Car Models File-No.160は、フジミ 1/24 インチアップシリーズ「ニッサン・シルビアRS S110 後期型」です。
個人的に「S110シルビア」は購入を検討した好きなクルマです。
残念ながら1/24スケールのプラモデルは恵まれていませんね。
バンダイの1/20スケール「シルビア2000Z SE-X」は、ボンネットが開いてエンジンが再現されている、そこそこ出来の良いキットでした。
PCM00260_02
──── S110型シルビア

S110型は1979年〜1983年に生産された3代目のシルビアです。
写真のモデルはノッチバック・クーペ(ハードトップと呼ばれてました)ですが、ハッチバックも存在します。
『シルビア』という名前はどこから来たか・・・ご存知ですか?
ギリシャ神話に出てくる女神に仕える精霊の名前なのです。
その語源はラテン語で「森」を意味します。
PCM00260_03
──── S110型シルビア…Wikipediaより抜粋

1979年3月、発売。プラットフォームは310型サニーやA10型バイオレットと共通。ボディタイプはハードトップと呼ばれたノッチバッククーペに加え、ハッチを持つ3ドアファストバックが追加された。なお3ドアファストバックには大型バンパーおよび日本初のフロントシングルアームワイパーが全てのグレードに標準で装備されていた。角型4灯式ヘッドライトやセンターピラーレス・ボディ(ハードトップのみ)等当時の流行を押さえたデザインのため、月4000台を上回る販売台数を記録するヒット作となった。
先代の輸出仕様車である初代200SXの手応えから、さらにアメニティーに振ったコンセプトとなり、日本初のドライブコンピューターをはじめ、ダッシュボード上の横一杯に並んだワーニングランプやフェードアウトする足元灯など、アメリカ車並みのムーディーな室内イルミネーションを採用。なお、米国仕様車の名称は200SXを継承している。
グレードは当初、1,800ccのZ18型を搭載したLS(インジェクション仕様はLSE-X)、2,000ccのZ20型を搭載したZS(インジェクション仕様はZSE-X)の2種が設定され、のちのマイナーチェンジでZ18ET型を搭載したターボZSE/ZSE-X、FJ20E型を搭載したRS/RSエクストラが追加設定された。これはR30型スカイラインRS用に開発されたDOHCエンジンである。


PCM00260_04

Car Models File-No.160
フジミ 1/24 ニッサン シルビアHT・RS(S110)
FUJIMI 1/24 NISSAN SILVIA DOHC RS

Car Models File-No.160 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


1/24インチアップディスクシリーズ82 S110シルビア ハードトップRS1/24インチアップディスクシリーズ82 S110シルビア ハードトップRS
(2000/05/01)
フジミ模型

商品詳細を見る
覚悟が必要なキットです。しかし、S110型シルビアをお望みの方はココからがスタートですよ。覚悟が必要ということは、どうにでも自分の好みにできるということですよー。チャレンジ待ってます。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR