【ビデオ】ニュルブルクリンクの最速って、いったい誰なのよ??第2弾!

先日、ニュルブルクリンクの最速は誰?というのをエントリーしましたが、さっそく更新されました(笑
タイムではないですよ、気になるクルマがニュルのタイムアタック映像を公開したのです。
そのクルマとは、、、
2013-Alfa-Romeo-4C-Launch-Edition-01
アルファ ロメオのコンパクト・スーパーカー「4C」

日本でも間もなく販売開始という
アルファ ロメオ「4C」
アルファロメオでは「コンパクト・スーパーカー」と呼んでいます。
「4C」は、カーボンファイバー製モノコックとアルミニウム製サブフレームを組み合わせた軽量なシャシーに、1.75リッター直列4気筒ターボをミドシップ・マウントする2人乗りのスポーツ・クーペ。全長3,989mm、乾燥重量895kg、エンジンの最高出力は240HPで最大トルクが35.7kgm、0-100km/hを4.5秒で加速し、最高速度は258km/hに達するということです。
では、ニュルブルクリンクをタイムアタックする「4C」の勇姿をご覧ください。

映像でタイムアタックしてるのは「4C」でも、1,000台が限定販売される「ローンチ・エディション」というモデルです。
タイムは8分04秒
これは1750ccの4気筒エンジン搭載車としてはかなり速いのではないでしょうか。
4気筒エンジンに限っていえば、これより速いのはインプレッサWRX STi spec Cプロトタイプ(7分59秒41)がいました。
また、8分04秒というタイムはアウディの初期型「R8 4.2 FSI クワトロ」と同タイムでした。
その前後、8分03秒にはホンダ「NSX-R(NA1)」が、8分05秒にはポルシェ「911 カレラS」がいました。
2013-Alfa-Romeo-4C-Launch-Edition-03
アルファ ロメオのコンパクト・スーパーカー「4C・ローンチ・エディション」

「ローンチ・エディション」はヨーロッパでは付加価値税込みで6万ユーロ(約803万円)という価格が付けられているそうです。
ビデオでは、メーターの映像がたまに出てきますが、それは走行中にかかる重力加速度を示す「Gメーター」というものです。最近のスーパーカーの必須フルデジタル・インストゥルメント・パネルを採用しているのがよくわかります。
日本における発売が楽しみですねぇ。
いいですねぇ、欲しいクルマがいっぱいです。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR