Scale Figures社のこと、もっと詳しく!Part 2

Scale Figures社の1/18フィギュアの第2弾は「映画」編です。

おさらいを、、、
Scale Figures(スケール・フィギュアズ)社はモスクワに拠点を置く拠点とするフィギュアメーカーです。
フィギュアは「レジン」製で18分の1スケールです。すべてが手作りで、リアルに彩色され、その生産数は50個程度です。なので、エクスペンシブっ!高価なのです。
ScaleFigures_Mad_Max
『マッドマックス』のマックス&愛犬です。
「マッドマックス」といえば、1979年公開のオーストラリアのアクション映画です。主人公マックスの愛車は「インターセプター」。
ただ、ミニカーは「マッドマックス2」の時の「インターセプター」ですね。
主役の「マックス」を演じるのは、俳優メル・ギブソンです。
さすがに似せることはできないか?雰囲気は出ています!

ScaleFigures_Pierce_Brosnan_007
『007』ことジェームズ・ボンドです。価格は $ 170.00 。
さぁ〜て、「あなたは、だ〜れ?」
わたしは、ジェームズ・ボンド。演ずるはピアース・ブロスナンです。
こちらも似てるとは言えないなぁ。。。(困
後ろのボンドカーは、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(The World Is Not Enough)』(1999年)に登場するBMW「Z8」です。

ScaleFigures_Steve_McQueen_01
『栄光のル・マン』のスティーブ・マックイーンです。価格は $ 170.00 。
これはイケていますね!このレーシングスーツは映画のまんまです。
Steve-McQueen_02
↑ ほ〜らね、同じレーシングスーツ!

『栄光のル・マン(“Le Mans”)』(1971年)で、マックイーンはサルト・サーキットでのロケにおいて当時の花形ドライバーに混じって実際にマシンを走らせ、叩き上げのプロ・レーサーを全身で表現しました。
横に並ぶレースカーはポルシェ「917K」。実際にマックイーンはこのポルシェをはじめとして撮影に使用した20台以上ものマシンを所有していたのです。

ScaleFigures_Steve_McQueen_02
こちらもスティーブ・マックイーン。映画は『ブリット(Bullitt)』、1968年のアメリカのアクション映画で、その年のアカデミー編集賞受賞。
カッコいいですねぇ、クルマは1968年型フォード「マスタングGT390」。
マックイーンが駆る「マスタングGT390」と敵の1968年型ダッジ「チャージャー」によるサンフランシスコの急坂でのカー・アクションを思い出しますね。大好きな映画です。

ScaleFigures_Ferrari_Girl
▲サービス・ショット!?『フェラーリ・ガール・フィギュア』となっております。
あえて、コメントなし!
F1マシンについて→ F10(2010年)
スクーデリア・フェラーリが2010年のF1世界選手権用に開発し開幕戦から実戦投入。リアウイングを失速させて最高速度を向上させる通称「Fダクト」をはじめ、最新の空力デバイスに身を包んだ真紅のマシン。ドライバーはフェルナンド・アロンソ。

ScaleFigures_short_dress_girl
▲サービス・ショット2!?『ショート・ドレス・ガール・フィギュア』です。
こちらもコメントなしで、、、
クルマはフェラーリ「F430」。

ジオラマ作りにフィギュアを添えれば、その「絵」にストーリーが生まれますねぇ。

また一つ気になるメーカーが出てきましたよ〜ん!
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR