【レポート】2013年の映画に関する調査

すこ〜しクルマとは外れますが、そんなに遠くない「映画」のお話を!
それは「映画」に関する調査レポートが先日(2013年09月30日)、モッピーラボ ( http://pc.moppy.jp/ )から公開されました。
そんなレポートの中から気になる結果を、、、


■<場所別>誰と一緒に映画を観たいか? → 家:1位「自分ひとり」。映画館は?

全国の15歳以上の男女に「映画に関する調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。 映画を観る頻度について質問したところ、最も多かったのは「1ヶ月に2本程度」(20.0%)であり、 全体の半数以上の人が1ヵ月に1本以上の映画を観ていることが分かった(図1)。 同設問を年代別に比較すると、映画を観る頻度が最も高かったのは20代であった。
場所別に「誰と一緒に映画を観たいか」という質問に対し、「映画館」では「パートナー」(34.2%)が最も多く選択され(図2)、 「家」では「自分ひとり」(43.2%)で映画を観たい人が多いことが分かった(図3)。 映画館へはパートナーとデートに出かけ、家では一人でゆっくり映画鑑賞が王道と言えそうだ。

lab-movie_1

lab-movie_2

lab-movie_3



映画を観る方法1位:「テレビの放映」(62.3%)

全国の15歳以上の男女に「映画に関する調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。 「どのようにして映画を観ますか」という質問に対し、全体1位は「テレビの放映」(62.3%)であり、お金をかけずに家で映画を観る人が多いことが分かった。 続いて2位「映画館」(55.1%)、3位「DVD・ビデオ」(53.6%)という結果となった(図4)。 最近コマーシャル等で動画配信サービスをよく目にするが、当アンケートの結果からはそれらが浸透している印象は見受けられなかった(図4)。
また、「映画を選ぶ時に重視する点」について質問したところ、全体1位「ストーリー」(71.6%)、2位「ジャンル」(61.2%)、3位「主演俳優」(36.8%)という結果となった。 年代別に差が出たのが項目「主演俳優」であり、年配層になるにつれ主演俳優重視になる傾向があるようだ(図5)。

lab-movie_4

lab-movie_5



■調査概要
・調査手法: スマートフォンリサーチ
・調査地域: 全国
・調査対象:年間1本以上映画を鑑賞する15歳以上の男女
・調査期間: 2013/9/3(火)~9/4(水)
・有効回答数: 1,000サンプル


■詳しくは…モッピーラボ


 映画は斜陽産業といわれ久しいわけですが、それを裏付けるような調査結果ですね(残念
しかし、「1ヶ月に2本程度」観ているという事実は、まんざらでもないですね。
映画館の経営は大変ですね。封切りに映画館へ赴いても満席どころか、半分以下の入場率ですから。。。
それに「一人で観る」ってのも寂しいですね。
確かに昔は「映画館」が怖かったぁ。館内でタバコも吸っていたような記憶もありますね。
実際、怖い思いをしたこともありました。
それでも、映画館で観る迫力はその怖さを上回りましたけど。

映画のハシゴをしなくなりました。オールナイトで朝までっていうのもなくなりました。
以前は何度も観返すことができましたね。
3時間の映画を続けて3回まわり、すなわち映画館に9時間いたこともありました。

いかん、いかん!昔話ばかりで、歳を取るといかんなぁ〜。ボヤイてばっかっで!!
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR