1/24 博物館<File No.156>Part 2 フェラーリ 512 TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.156 ////////////////////////////////////
ITALERI 1/24 FERRARI 512 TR
イタレリ 1/24 フェラーリ 512 TR(伊)
Car Models File-No.156

PCM00256_05
──── 512 TR (1991)
※フェラーリ・オフィシャル・サイトより

 512 TRはテスタロッサの後継車で、1992モデルイヤーに発表されました。512 TRではアルファベットと数字を組み合わせたモデル名が復活しました。“5”は排気量を、“12”は気筒数を示し、“TR”はTesta Rossaの頭文字を採ったものです。外観上、主な相違点はノーズとテールのデザイン処理と、エンジンフードのルーバー、およびホイールのデザインです。リアクォーターパネルの形状も微妙に変わっています。テスタロッサではステップがつき、換気口の開いたブラックのグリルが備わっていたのに対し、512 TRは平滑な面がそのままルーフに連なってい ます。室内では、シート、ステアリングホイールのデザイン、内装の細部が変更になりました。エンジンとギアボックスには大々的な変更があり、パワーが増強され、ギアチェンジが積極的に楽しめるようになりました。外からわかりませんが、エンジンとトランスミッションアッセンブリーの搭載位置を30mm下げて重心高が低まり、これまでも優れていたロードホールディングに磨きがかかったのです。


PCM00256_06
──── 512 TR (1991)…その2

 テスタロッサ同様、ボディはホイールベース2550mm、社内コードネームティーポF 110 HBのシャシーに構築されました。同シャシーの構造は先代モデルとほぼ同じです。すべてのシャシーに連番のシャシーナンバーが打刻され、様々な仕様に応じて右ハンドルと左ハンドル両方が製作されました。ノーズのデザイン処理は、1989年発表の348と強い血のつながりを感じさせます。クロームメッキの“キャヴァリーノ・ランパンテ”のエンブレムがつくダミーのラジエターグリルは一族と同じモチーフで、車幅灯/方向指示器/ドライビングライトのコンビネーションライトが左右に位置します。リアスカートのデザインがより彫刻的に変わり、ライセンスプレート用のくぼみも形状が変わりました。テスタロッサのエンジンフードは一段高い部分がボディカラーに塗装され、その両サイドと後方はブラック梨地塗装のルーバーグリルでした。一方、512 TRでは一段高い部分と、形状の改まった両サイドのルーバーがブラック梨地塗装、リア部分のルーバーがボディカラーに塗装されました。ボディのリアエンドに“512 TR”のエンブレムがつき、リアデッキに、“Ferrari”のエンブレムが輝きます。一方、ブラック梨地塗装のセンターセクション上面に“Testarossa”のエンブレムが存在感を放ちます。新型の軽合金ホイールは、フェラーリ伝統の5本スポーク星形パターンを、非常にエレガントにデザインしたもので、スリムな曲線を描くスポークが特徴でした。フロントが8J×18、リアが10.5J×18で、これによりフロントトレッドがわずかに拡幅され、リアトレッドがわずかに狭くなりました。その奥に4ピストンキャリパー付きクロスドリルドベンチレーテッドディスクブレーキが備わります。前後油圧回路は独立で、サーボアシストが装着されました。独立サスペンションとステアリング機構はテスタロッサのコンセプトと同じですが、大径ホイールに合わせた変更が施され、洗練された乗り心地を提供しました。


PCM00256_07
──── 512 TR (1991)…その3

 1気筒あたり4バルブのフラット12ドライサンプエンジンはテスタロッサからさらに改良を加えられました。社内コードネームはティーポ113 G、82mm×78mmのボア・ストロークから得る4943ccの排 気量に変わりはありません。吸入ポートに変更があり、プレナムチャンバーが再設計され、大径バルブが採用になった結果、空燃比が改善されています。燃料噴射と点火システムもボッシュのモトロニックM2.7に進化しました。新型ピストンにより、圧縮比が9.3:1から10:1に高まり、カムプロファイルが変更になった結果、パワーは38bhpもアップし、ヨーロッパ仕様で428bhp /6750rpm、アメリカ仕様で 421bhp/6750rpmになりました。これにより加速力が向上しましたが、最高速は先代モデルと同じレベルにありました。1991年から、F512M に取って代わられる1994年までの生産期間に、シャシーナン バー89100から99743にいたる2261台が造られました。


PCM00256_08

Car Models File-No.156
イタレリ 1/24 フェラーリ 512 TR(伊)
ITALERI 1/24 FERRARI 512 TR
Car Models File-No.156 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

現在入手可能なキットですーメーカーはフジミ

1/24 RS-72 フェラーリ512TR1/24 RS-72 フェラーリ512TR
(2008/11/13)
フジミ模型

商品詳細を見る
フジミのフェラーリ 512TR。
フジミのTRは「アメリカ仕様」
すなわち、リアバンパーのナンバープレート用の幅が狭い
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR