中学校の「技術・家庭」の教科書から消えた!?

1970年代に中学校に通っていた私の「技術・家庭」の「技術」の教科書には、
「エンジンの仕組み」が載っていました。たしか、ロータリーエンジンの仕組みの説明もありましたね。
まだ、「勉強」としての知識だったから丸暗記って感じで覚えましたけど。
強い興味は持ちましたね。当時からクルマの「絵」を描いたり、プラモを作ってましたからね。
しかし、2002年の教科書からは姿を消してしまったようです。

ここに紹介するホームページは米国在住のクリエーターであるジェイコブ・オニール氏が制作したもので、アニメーションで動く図なのです。動きがあるから4ストロークエンジンの仕組みから各システムの詳細に至るまで、非常に分かりやすいですね。あの頃、こんな楽しく学べたら、、、。
How A Car Engine Works, by Jacob O'NealInfographic designed by Jacob O'Neal ←詳しく見たい方はココをクリック!

現在、東京書籍の教科書は、ガソリンエンジンと電動モーターとを組み合わせたハイブリッド車の構造を示す図と説明が載っているそうです。

教科書から消えてしまったことで、現代ではエンジンの仕組みを知らない人が増えているということです。
「なんか、エンジン音がおかしいな」って気付くことが、大きな事故を防ぐことにつながることもある。
「エンジンに限らず、動くモノの基本的な原理は知っておいた方がいい」
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR