博物館<File No.121>Part 2 フェラーリ ミトス(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////

PCM00221_05
タミヤ 1/24 フェラーリ ミトス ピニンファリーナ(伊)
PCM00221_06
─── デザインの未来を見せる

 フェラーリ・ミトスの発表は、なんとっ!1989年の東京モーターショー。日本から世界に向けて発表の機会を得たのです。もちろん、その姿形は会場の注目を一身に集めました。そのロードスターボディのデザインは、ピニンファリーナの手になるもの。シャーシはフェラーリ・テスタロッサのモノを流用しています。エンジンも同様にテスタロッサから、5リッターの水平対向12気筒エンジンをミッドシップにマウントして実走可能なショーカーだったのです。
PCM00221_07
─── デザインの未来を見せる…その2

 ミトスのボディはカーボンファイバー製、ワイドなリヤスポイラーからつながるラインが絞り込まれてフロントノーズへ続き、逆にフロントフェンダーのラインはリヤに向かって絞り込まれ、サイドラジエターのエアインテークに吸い込まれていくようなデザイン処理がモダン!走り出せば、時速100キロ以上でフロントのリップスポイラーがせり出し、リヤスポイラーがポップアップするのです。ここにも高速実走を考えた装備で、見せるだけではないリアルな未来を感じることができたのです。
PCM00221_08

Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR