日産ギャラリーにて、、、EVに思うこと

NG_1301_GTR_01
日産ギャラリー、昨年末からの展示車は、ザナヴィニスモGT-R(R35)と日産 リーフ ニスモRC レースカー。
目新しいのは、世界初の量産車の電気自動車「リーフ」のレーシングカーの方ですね♪レーシングカーらしくワイドでぺっちゃんこなお顔ですが、なんとなくかわいらしい、“水の中の生き物”って感じがします。感電しそう(汗
NG_1301_LEAF_01
そう、リーフといえば、最近2つのニュースを読みました。
東洋経済の記事に「日産と三菱自、EV陣営“生みの苦しみ” がありました。
もう一つは、【日産 リーフ 値下げ】片桐副社長、150万台は普及への志 という記事。
NG_1301_LEAF_02

NG_1301_GTR_02
近年、自動車メーカーは、「燃費の向上と環境への配慮」に主眼を置いたクルマ開発に力を入れています。
しかし、各メーカによって方向性が若干違う、、、、、
●ガソリン車で燃費効率を上げる…マツダ、ダイハツ、スズキ
●ハイブリッド車の開発と市場投入…トヨタ、ホンダ
●EV車の開発と市場投入…日産と三菱
日本のメーカーで言えば、の3つの方向性になると思います。
その中で、『EV車』というのはガソリンスタンドの代わりとなる、EV充電ステーションが充実しないと、なかなか普及するのは難しいでしょう。インフラ環境整備がまず先だと、EV車が登場する前から指摘されてきたと思います。
NG_1301_LEAF_03

NG_1301_GTR_03
しかし、クルマ作りの側から環境整備を刺激できないものでしょうか。
購入ターゲットを見直したらどうでしょう?
大衆のためのEVではなくて、まずは高額所得者、社会的地位のある方々のためのEV。
そうです、“お金持ち”のためのクルマを作りましょう♪
彼らに魅力的な『EV車』があれば、そのためにEV充電ステーションを作ってくれるでしょう!?
ベンツ、アウディ、レクサスと並ぶ、もしくは超える高級車を!
フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェを凌駕するスーパーカー!EV GT-R誕生なんていかがでしょう!?
…言うのは簡単かぁ。。。(他力本願
NG_1301_GTR_04
迫力のザナヴィニスモGT-R
NG_1301_GTR_05
リアはスカイラインの面影が強く残る
NG_1301_GTR_06
意外と彫りが深い顔をしてる
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR