博物館<File No.110>Final トヨタ セリカXX 2800GT

今日28日はほとんどの会社が仕事納めだったのではないでしょうか。
かく言う私の会社も今日まで、、、(嬉

当ブログの博物館も110台目のファイナルで本年は終了します!…切りがいいわ〜♪
新年は111台目から。
それまでは、今年を締めくくる話題を、、、。
映画のこと、ショッピングも書かなきゃ、この一年の気になったクルマ、なんかも書きたいなぁ。。。

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////

ダブルエックスのファイナル…博物館を始めましょー!
タミヤ 1/24 トヨタ セリカXX 2800GT
PCM00210_09

PCM00210_10
─── キャノンボール・セリカXXって知ってる?

 マンガのお話です。『よろしくメカドック』ってマンガはご存知ですか?
「よろしくメカドック」は1982年から1985年まで週間少年ジャンプにて連載が行われました。
原作は次原隆二。テレビアニメにもなりました。
 この作品は、それまでの自動車マンガと言われるジャンルの中では異端でした。何故ならば、それまでの自動車マンガは「サーキットの狼」を筆頭にレース自体に重きを置いたモノが主流だったのです。しかし、「よろしくメカドック」は、クルマの改造をメインにしたクルマのチューン・ショップを舞台にしたマンガだったのです。ストーリーの核となるのはクルマや登場人物ではなく、クルマの改造手法がポイントでした。
その他、作者の次原隆二さんの作品には最近終了したばかりの『レストアガレージ251車屋夢次郎』があります。こちらは、いにしえのクルマを核にレストア工場を舞台にした人間ドラマを描いた作品でした。
PCM00210_11
─── キャノンボール・セリカXXって知ってる?…その2

 「よろしくメカドック」の主人公は風見潤。彼が勤務するカーショップが「メカドック」。ここで愛車をチューニングしながら様々なライバルを倒していくというストーリーになっていました。
そんなストーリー展開の中で私の記憶に強烈に残っていたのが「セリカXX」でした。
そのお話は、「キャノンボールトライアル編」!スタート・九十九里浜からゴール・江ノ島のレース仕立てになっていました。このレースにセリカXXで参加します。そのチューンド・ダブルエックスは、2800ccのエンジンをボアアップ。さらに、それを2基のターボで加給し、おまけにニトロまで装備していました。それで最高出力は250馬力だそうでして、、、。250???って感じですよねぇ。。。いまなら500馬力オーバーってところでしょうねぇ。
とってもほのぼのとした時代でしたねぇ。それに映画「ワイルド・スピード」の先駆けでもあったのですねぇ。。。
PCM00210_12

Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メカドックセリカXX、たいへん懐かしいですね。
私はタミヤのこのキットでXX大好きになり、あとからXXが出ているアニメとしてメカドックを知りました。
現在は後期の白に乗っているので、後期改修はモデラーとして永遠のテーマになっています!

No title

DUCKさん、こんにちは。
そうですよね、ホームページにダブルエックスの写真が。。。素晴らしいですね!
大切にされているのですね。

わたしにも永遠のテーマがありまして、、、こちらのはスカイラインですが、、、頓挫してまして。
また新しいキットを買ってきました(汗

一年ありがとうございました。

よいお年を。


プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR