映画「007 スカイフォール」

今日、封切り映画「007 スカイフォール」を観てきました。
今回は、字幕版ではなく吹替版です。

■監督:サム・メンデス
ジェームズ・ボンドは超人ヒーローから肉体派人間に戻っての3作目ダニエル・クレイグ(今回はちょい超人)
敵役(シルヴァ)にはハビエル・バルデム。この人、アカデミー賞助演男優賞を獲ってる!
ボンドガールには、ナオミ・ハリス(イブ)、ベレニス・マーロウ(セヴリン)。

封切り直後なのでネタバレなし!
今作は007シリーズ50周年記念作品で通算23作目。
タイトルの『スカイフォール』は、ジェームズ・ボンドの生まれ育った故郷だったのね。
しまった!ネタバレm(__)m
50周年を機に007の原点回帰するということでしょうか。160分と意外と長い映画でした。多少くどいシーンがあって、、、この辺りが監督サム・メンデスの真骨頂か?個人的には余分なところ!スカッとしたアクションが観たかった。

この映画ではクルマの話ができますね。
まずはイブの運転でランドローバーでボンド登場!
敵車はアウディ!そういえば、近年、悪〜い人たちの乗るクルマに変化がありますねぇ。。。
10年以上前の悪といえば、メルセデス・ベンツと相場が決まった感がありましたが。
最近は変化に富んでますね。といっても高級車には違いないですが。

続いてはジャガー!最新のジャガーXJ。これはイギリス諜報機関MI-6の責任者『M』(ジュディ・デンチ)の公用車です。ボンドはジャガーに『M』を乗せ隠れ家へ。ここでクルマを換えます。
このジャガーは普段、白いクルマをよく見るので(クライアントの社長所有)、、感激薄。

乗り換えたクルマがアストンマーチン。なんと50年前のショーン・コネリー=ジェームズ・ボンドの愛車であるアストンマーチンDB5。もちろん、カーチェイスはありませんよ(ネタバレ)
ただ、フロント・マシンガンは火を噴きます!!
スコットランドの美しい広大な自然の中を走り抜けるDB5には感激感涙!エキゾーストノートに痺れます!

■映画評価
中だるみがあって惜しい、、、★★★☆(3.5/5.0)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR