博物館<File No.90>Part 2 フェラーリ 512TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.90 /////////////////////////////////////

512TR→テスタロッサ→512TR とつづいたシリーズも今回が最後!
さっそく、ご覧ください。。。
PCM00190_07
フジミ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
PCM00190_08
最後にテスタロッサ→512TR のスペックの変化を記しておきましょう♪
テスタロッサ(前期)→テスタロッサ(後期)→512TRへとつづきます。
比べてみましょう♪♪♪
PCM00190_09
─── 前期テスタロッサのスペック

■全長×全幅×全高:4485×1975×1130mm ■ホイールベース:2550mm
■トレッド(F/R):1518/1660mm ■車両重量:1506kg
■エンジン形式:水冷180度V型12気筒DOHC4バルブ
■ボア×ストローク:∅82.0×78.0 ■総排気量:4942cc
■燃料供給:ボッシュKジェトロニック ■圧縮比:9.2
最大出力:390HP/6300rpm ■最大トルク:50.0kg-m/4500rpm
■サスペンション:4輪ダブル・ウィッシュボーン ■ブレーキ:4輪ベンチレーテッド・ディスク
PCM00190_10
─── 後期テスタロッサのスペック

■全長×全幅×全高:4485×1975×1130mm ■ホイールベース:2550mm
■トレッド(F/R):1518/1660mm ■車両重量:1506kg
■エンジン形式:水冷180度V型12気筒DOHC4バルブ
■ボア×ストローク:∅82.0×78.0 ■総排気量:4942cc
■燃料供給:ボッシュKEジェトロニック ■圧縮比:9.2
最大出力:390HP/6300rpm ■最大トルク:50.0kg-m/4500rpm
■サスペンション:4輪ダブル・ウィッシュボーン ■ブレーキ:4輪ベンチレーテッド・ディスク
PCM00190_11
─── 512TRのスペック

■全長×全幅×全高:4480×1975×1135mm ■ホイールベース:2550mm
■トレッド(F/R):1518/1660mm ■車両重量:1650kg
■エンジン形式:水冷180度V型12気筒DOHC4バルブ
■ボア×ストローク:∅82.0×78.0 ■総排気量:4942cc
■燃料供給:ボッシュ・モトロニック2.7 ■圧縮比:10
最大出力:425HP/6750rpm ■最大トルク:50.0kg-m/5500rpm
■サスペンション:4輪ダブル・ウィッシュボーン ■ブレーキ:4輪ベンチレーテッド・ディスク
PCM00190_12
スペックを見ると、燃料供給に違いがあるのがわかります。
この燃料供給とエンジン・マネージメント・システムの変更は、圧縮比のアップや馬力及びトルクのアップをもたらした。
注目したいのは、その出力とトルクの発生回転数です。大幅に回転数が上昇しています。
つまり、より高回転まで軽快に回るエンジンに変身したのです。
もちろん、その増大したパワーを受け止めるべく、トランスミッションのギア・レシオも変更されています。


Car Models File-No.90 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR