BP名古屋ノスタルジックカーショー2012-Report 13

ncs2012_gr03_47
フォルクスワーゲン カルマンギア コンバーチブル
タイプ1です。1955年に発表されました。
ncs2012_gr03_48
↑ イタリアのカロッツェリア・ギアの作ったデザインに基づき、ドイツのコーチビルダーであるカルマンがボディを生産、それにフォルクスワーゲン量産車(ビートル)のコンポーネンツを組み合わせて作られたクルマ。カルマンギアという名前は、カルマン+ギア=デザイン・カロッツェリアとコーチビルダーの名を足したということですね。
ncs2012_gr03_49
フォルクスワーゲン ビートル
なんと!登場は1938年です。フェルディナント・ポルシェ博士の自動車設計とアドルフ・ヒトラー(1933年にドイツ首相となる)の大衆車政策とが結びついて生まれたクルマがビートルです。
ncs2012_gr03_50
↑ ちなみに展示車両のお値段、なんと!220万円。
ダイハツ ミゼット
1950年代後半に隆盛を極めた軽オート三輪です。乗車定員は1名で、エンジンは空冷2サイクル単気筒の250ccガソリンエンジンを搭載、最高出力は10馬力を発生してカタログ値では最高速度65km/hとなっています。
ncs2012_gr03_51
↑ こちらはお値段100万円。
マツダ K360
当時はマツダではなく東洋工業でした。こちらのエンジンは空冷 4ストロークのOHV、V型2気筒のガソリンエンジン搭載で、最高出力は11馬力でした。
ncs2012_gr03_52
↑ 5代目 C210型(1977年〜1981年)日産 スカイライン
通称:ジャパン と呼ばれてます。これは広告のキャッチコピーが「SKYLINE JAPAN」だったんです。
ncs2012_gr03_53

ncs2012_gr03_54
メルセデスベンツ 300SLR
1955年式、300SLRは1954年のF1世界選手権に登場したF1マシン「W196」をベースにして、2座席スポーツカーに換装したものです。オープンモデルとクーペがありますが、クーペタイプが希少性が高いようです。
ncs2012_gr03_55

ncs2012_gr03_56
↑ 右側はいすゞ ベレット GT。詳細はわかりません。
↑ 左側は3代目 Z31型(1983年〜1989年)日産 フェアレディZ。これは後期型。
ncs2012_gr03_57
ダットサン フェアレディ
ncs2012_gr03_58
日産 フェアレディ240Z
ロールバーが入ってますね。
ncs2012_gr03_59

ncs2012_gr03_60
日産 スカイライン(ケンメリ)
スポンサーサイト

テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR