博物館<File No.82>Part 4 ランボルギーニ イオタ SVR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.82 /////////////////////////////////////

ハセガワ 1/24 ランボルギーニ イオタ SVR(伊)
PCM00182_09

PCM00182_10
─── 伝説となった“J”

 オリジナル “J”は失った。そして、伝説になった。
事故を撮影した写真を見ると “J”の最後の化粧が見えてきます。知らなかった事実、その一、エンジンのヘッドカバーが「テスタロッサ」のように赤く塗られていた。その二、内装が青色だった。全焼という事故でしたが、ドライバー及びパッセンジャーは奇跡的に一命をとりとめた。事故をの一報を受けたランボルギーニの社長フェルッチオは、即座に “J”の残骸の回収を指示しました。シャーシは、無惨に鉄の塊と化していましたが、エンジンは回収しました。そのエンジンはドライサンプの潤滑システムなどの “J”特有の装備を取り外して、再び「ミウラ」用のエンジンとして搭載され売られたそうです。事故の原因である前輪のリフトアップは、“J”の生みの親でるボブ・ウォレスは、ミウラのテストドライブでノーズリフトが気になってエアロダイナミクスの改善が必要であると考え、“J”の製作に当たっては、カナードを設置することで改善したはずだったのですが、ドライバーはクラッシュは大きな路面のうねりを超えた直後だったと証言しています。
PCM00182_15

PCM00182_16
イオタ編は次回が最後ですが、最後にやっと “イオタ SVR”の話です(汗

Car Models File-No.82 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR