博物館<File No.75>Final トヨタ スープラ 3.0GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT
PCM00175_11

PCM00175_12
─── A70型スープラ前期型のまとめ

 「リアルスポーツカー」を謳い登場したスープラ。その足回りには、トヨタ 2000GT以来となる4輪ダブルウィッシュボーンがおごられ、3リッターの直6DOHC・7M型ユニットは2000GTに搭載されていた2リッターの3M型にそのルーツをたどることができるのです。スープラの主力マーケットである北米市場には、ブリスターフェンダーを装着したワイドボディが存在しますが、国内では全幅1690mmの標準ボディのみのラインナップでのスタートでした。しかしその後、ワイドボディやエアロトップがバリエーションに加わっています。
 ワイドボディは、3.0GTターボリミテッドにまず採用されました。3.0GTターボをベースにフロントフェンダー、リアクォーターパネルを大型化して215/60Rサイズタイヤをそのうちに収めています。トレッドも拡大されて、コーナーリング性能も向上されたのです。
PCM00175_13

PCM00175_14
 エアロトップはスープラの人気を決定付けたアイテムです。セミオープンのデタッチャブルルーフを備えたもので、そのルーフは、付属の専用6角レンチを使って4本の太いボルトで固定されています。レバー式のロック機構を採用しなかったのは、重いスチールルーフを確実に固定するためだそうで、またボルト結合によってルーフ装着時はボディ剛性をアップさせる狙いもあったそうです。
 スープラは、開発段階からエアロトップの設定を視野に入れてボディ設計がされていたので、重量はノーマルルーフと比べても約30kgアップに留められています。


Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR