ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.72>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////

今回も旧車です。好きな方がたくさんみえます。
現在でもよく見かけます。非常にスタイリッシュなクーペ。
フジミ 1/24 いすゞ 117クーペ
PCM00172_01

PCM00172_02
───ハンドメイド117

いすゞ117クーペは、1968年12月に発売。しかし、少量限定生産車だったことから「ハンドメイド117」と呼ばれる。117クーペは1981年に後継車の「ピアッツァ」が登場するまで3度のモディファイを受ける。
 第1期:1968年~1972年…ハンドメイド初期型、販売価格172万円、月産台数30~50台程度
 第2期:1973年~1976年…前期型、自動車排出ガス規制のためエンジン出力ダウン
 第3期:1977年~1981年…後期型、ヘッドランプが丸形から角形4灯に変更
PCM00172_09
───117って何の数字?

117という車名の由来は開発コードで、1967年発売のいすゞ大衆車「フローリアン」のコードネームが「117サルーン」で、そのクーペ版という位置づけ。そのためシャーシやドライブトレーンをフローリアンと共有している。
美しいボディデザインは、カロッツェリア・ギアに在籍していたジョルジェット・ジウジアーロが担当する。プロトタイプである「ギア・いすゞ117スポルト」は1966年3月のジュネーブ・モーターショーで発表され、そのショーの中でコンクール・デレガンスを受賞した。
PCM00172_10
明日は「ギア」について。

Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい!

昔、2世代117に乗ってました。
板バネサスやじゃじゃ馬エンジンで乗り辛かったけど面白かった。
細かい故障や雨漏りも酷く、どちらかと言うとイタ車な日本車でした。

No title

乗っていたんですね。

第2世代から5速ミッションが出たんだよね。
117クーペといえば、雑誌の旧車特集でもハンドメイド最初期型ばかりが紹介されるからね。情報が少ないんだよね。
プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR