ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.68>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.68 /////////////////////////////////////

今夜も博物館の前にユニークな映像をご紹介。
新旧のバットモービルのドラッグレース映像。
新旧バットモービルのガチンコ勝負! 勝つのはどっち!?
好きだなぁ~アメリカ人って!真剣に見てる自分も?!

ここから博物館です。
PCM00168_01

PCM00168_02
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
これは後期型です。↓ の2000GT ツインターボと比べてください。フロントグリルやテールレンズに違いがあります。リアウィングの形状も違いますね。
PCM00168_03

PCM00168_04
───キープコンセプト

1986年(昭和61年)1月に登場。
先代のスタイルを継承し、そこに曲線を巧みに織り込んだ。当時はバブル景気でしたから、自分もながら、高価格にも拘らず、よく売れました。発売から約5年間で30万台以上を売り上げたんだそうです。グレードは下からVZ、VX、2.0GT、2.0GTツインターボ、3.0GT、3.0GTリミテッドで、この3.0GTリミテッドのエアサス仕様が483.5万円也。
PCM00168_05

PCM00168_06
───冒険なし、完成度は高まる

搭載するエンジンは、2000ccが1G-EU、1G-GEU、1G-GTEU、3000ccが7M-GTEUをラインナップ。7M-GTEUは、2代目ソアラ用に新開発された。4バルブ化したDOHCヘッドの採用と、ターボチャージャー&空冷インタークーラー装着により、当時日本車では最高の230PS/33.0kgmを発生した。サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、さらに電子制御サスペンションTEMSを採用し、3.0GTリミテッドのオプションで金属バネの代わりに空気のバネを採用した電子制御式エアサスペンションを世界で初めて搭載。
PCM00168_07

PCM00168_08
───電子デバイス満載

デジタルメーターを虚像表示としたスペースビジョンメーター。車速感応型パワーステアリング。4輪ESC(ABS)、エアコン、ラジオ、カセットの3モードを1枚の液晶タッチパネルに切り替え表示できるマルチコントロールパネルなど、先端技術が満載。後に、ワイヤレスリモートドアロックや12連奏CDチェンジャー、自動車電話(ハンズフリー機能あり)、DAT(デジタルオーディオテープ)対応プレーヤなどを積極的に採用していった。


Car Models File-No.68 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR