ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.48>

GTマシン特集の第4弾!いよいよラストを飾るマシンは~?
PCM00148_01
タミヤ 1/24 HKS ニッサン・スカイライン GT-R Gr.A

やっぱり大取りは大好きなGT-Rで。
このHKSのカラーリングが、また好きですねぇ~♪

PCM00148_02
HKSについて

日本のチューン業界の筆頭でリーダー的存在の会社です。
とくにターボチューンで有名ですね。
自動車雑誌『Option』の記事(新社屋完成)の中で「こ
れからはリッター500馬力の時代です」とスピーチする
ほど実力を伴った技術開発力を持ってます。基本はチュ
ーニングパーツの開発や販売ですが、しっかりレース部
門があります。
PCM00148_03
当初は全日本ツーリングカー選手権(JTC)の出場車のエン
ジンチューンが専らでしたが、1994年からはオペル・ベ
クトラでJTCCに参戦。ここから高性能のレースカーを作
り出し様々なカテゴリーで活躍をみせています。
PCM00148_04
ドラッグレースにも挑戦しています。
「ドラッグミーティング」という形で0-400の走行会を
行ってユーザーの獲得と支援を行っています。

近年はドリフト方面にも力を入れて、ハイパーチャレン
ジ/ドリフトチャレンジという走行会も開催しています。
PCM00148_05
F1エンジンについて

実はF1エンジンを開発していたHKS。
なんと3.5リッターのV12エンジンです!
富士スピードウェイで製作発表をしました。
1992年1月のことです。
PCM00148_06
残念ながら採用するコンストラクターが無く
お蔵入りしてしまいました。650馬力以上の
性能があったそうですが。。。。

PCM00148_07
ドラッグレースについて

2001年東京オートサロンでドラッグスープラを発表。
7秒を切るべく製作されたこのマシンは、1400PSを叩き出す。
PCM00148_10
ドリフトについて

2002年2月 ドリフトというNEWカテゴリーである
D1グランプリにHKS S15ハイパーシルビアで参戦。
初年度は年間総合2位となる。
2003年度は年間総合4位の実績を残しています。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR