FC2ブログ

【Part 9】ほぼ 1/24 博物館<File No.272> フォード クラウンビクトリア ポリスカー

こんばんは。
今夜は、初代フォード・クラウンビクトリアのこと〜♪
1/24 博物館ファイルナンバー272番は、フォード・クラウンビクトリア。
その9回目です。
ネタが飛ぶ、とぶ。あっちへ行ったり、こっちへ行ったり・・・(汗
初代クラウンビクトリアのフェイスは3つあるのだ!

それではごゆっくりお楽しみください。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

Car Models File-No.272


PCM00372_33
PCM00372_34
Car Models File-No.272
リンドバーグ 製の 1/25 スケール
『 フォード クラウンビクトリア カリフォルニア ハイウェイパトロール 』
プラスチックモデル組み立てキット。
フォード クラウンビクトリア (1995年/アメリカ)

──── 初代(1992年-1997年)フォード・クラウンビクトリア

 最初にフェイスの話から
1992年モデルのフェイスはグリルレスでしたがフルサイズセダンとしては不評だったので、フォードは翌1993年モデルよりグリルが追加されました。さらに後期型である1995年モデルからグリルデザインの変更とリアコンビネーションランプが追加されました。

■1992年-1994年(前期~中期)
1992年モデルとして1991年より販売。 当時、フォードは大ヒット作のトーラス/セーブルを中心に独特なエアロダイナミックデザインを売り物にしており、クラウン・ヴィクトリアも角張った先代モデルから丸いルーフやグリルレスのエアロボディに生まれ変わった。
このクラスでグリルレスは不評であり、1993年モデルにはメッキのグリルを与えられた。 メカニズムは古き良きアメリカン・フルサイズの伝統、独立したフレームの後輪駆動レイアウトだったが、エンジンは新開発のSOHC 4.6L V8エンジンを搭載していた。

■1995年-1997年(後期)
新たにフロントグリル、リアライトを小変更。デザイン変更に合わせ、リアナンバー取付位置をリアライトの中央に移動させた。

from Wikipedia

PCM00372_35
PCM00372_36


※参考:Wikipedia:フォード・クラウンビクトリア

Car Models File-No.272
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL

Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

  

 

 

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR