FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Part 2】ほぼ 1/24 博物館<File No.272> フォード クラウンビクトリア ポリスカー

まった〜りと進行します・・・(汗
今夜は、1/24 博物館ファイルナンバー272番の2回目です。
映画によく出てきますよね!?アメリカのパトカーです。
それではごゆっくりお楽しみください。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

Car Models File-No.272


PCM00372_05
PCM00372_06
Car Models File-No.272
リンドバーグ 製の 1/25 スケール
『 フォード クラウンビクトリア カリフォルニア ハイウェイパトロール 』
プラスチックモデル組み立てキット。
フォード クラウンビクトリア (1995年/アメリカ)

──── フォード クラウンビクトリアの概要

"クラウンビクトリア(Crown Victoria)"の車名は1955年フェアレーンの1レンジとして登場した6人乗りの2ドアクーペが最初で、その後1980年にLTDの上級トリムとして車名が復活し、1992年に全く新しいデザインでLTDから独立し、クラウンビクトリアとして登場。1998年に2代目へと進化して2011年9月まで生産された。
車体サイズはアメリカ製セダンの中でも最大の部類のフルサイズに属する。オイルショック以降、キャデラックやクライスラーなどの競合車種の多くが、ダウンサイジングとFF化を敢行した中、フォードだけは、昔ながらのはしごフレームとFRレイアウトを固持した。このシャシはマーキュリー・グランドマーキー、リンカーン・タウンカーと共用のパンサープラットフォーム (Ford Panther platform) と呼ばれるもので、フォードのハイエンド車種で30年以上の長きにわたって使われ続けたが、技術的には決してハイエンドではなく、登場当時ですら旧態化のそしりは免れなかった。重量、ねじり剛性、振動・騒音など、操縦安定性と居住性のすべての面でモノコック構造に対して劣勢となるが、アメリカの保守層(米保険会社の調査では、共和党支持者とほぼ一致するとしている)には根強い人気があり、結果的に、古き良き時代のアメリカ車の乗り味を後世に伝える存在となっていたほか、パトカー、タクシー、レンタカーといったフリートセールス需要が根強く、パトカー用はエンジン出力を強化するなどしたPolice Interceptor(ポリスパッケージ)という専用グレードが存在する。アメリカでは「Crown Vic(クラウン・ビック)」の愛称で親しまれている。日本のトヨタ・マークIIやトヨタ・クラウン、日産・グロリアや日産・セドリックに相当する車種。
エンジンは4.6L SOHC V8 でトランスミッションは4速のオートマチックのみである。新車当時のアメリカ国内での販売価格約$20,000からであった。

from Wikipedia



PCM00372_07
PCM00372_08


※参考:Wikipedia:フォード・クラウンビクトリア

Car Models File-No.272
リンドバーグ 1/25 フォード クラウンビクトリア
カリフォルニア ハイウェイパトロール

LINDBARG 1/25 FORD CROWN VICTORIA CALIFORNIA HIGHWAY PATROL

Car Models File-No.272 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

  

 

 

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。