FC2ブログ

【写真集】 第20回 名古屋モーターショー [2017]…Part 9

レポート9日目。今日は海外メーカーです。
ま〜るいお尻が見える(笑
3号館は今夜が最後!

2015年11月23日(木・祝)~26日(日)の4日間
第20回名古屋モーターショー
20th NAGOYA MOTOR SHOW
が開催されました。
会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

──── にぎわいの第20回名古屋モーターショー2017

 名古屋モーターショーは、1979年に第1回目を開催して以来、東京モーターショー
と同じく2年に一度開催し、今年で20回目となった。国内外の四輪・二輪車メーカー
のコンセプトカーや最新市販車が勢ぞろい。計42ブランドが名古屋に集結!
今年は、スーパーカー同乗試乗会を始め、最新市販車、バイク、安全運転支援シス
テム、自動運転の試乗会など、体験型催事を多数併催していました。
普段なかなかお目にかかれない超高額車を間近に見たり、気軽に国内外の新型
市販車に乗ることもできるのだ。
会場のあちこちでクルマを身近に感じることができる楽しいイベントになった。


毎年言ってるような気もするが・・・
丸いお尻がたまらない。丸いお尻だってスーパーカーなのだ!
NMS2017_3_112
NMS2017_3_113
NMS2017_3_114
NMS2017_3_115
モータースポーツのノウハウを余すことなく注いだスパルタンなリアルスポーツカー。
メルセデスAMG GT S
[Mercedes-AMG GT S]
モータースポーツを心から愛する人たちの飽くなき情熱によって絶え間ない進化を続ける
リアルスポーツ。4LV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力はGTが476馬力、GT Sが
522馬力。新たにAMGパナメリカーナグリルを採用した。

──── メルセデスの構え

カール・ベンツが世界初のガソリン自動車を発明してから130年余り。メルセデスは、その自動車を創造した責任を背負い、持続可能なモビリティの実現に向けた環境への対応と安全性能の追求に邁進している。なかでもフラッグシップセダンの『Sクラス』は、その急先鋒だ。2017年、さらなる進化が図られ、フェイスリフトはもとより、新しいテレマティクスサービス「メルセデス・ミー・コネクト」を導入。例えばコンシェルジュサービスを利用できたり、車外からスマートフォンで車両の車庫入れ/車庫出しを操作できるようになった。また往年のベストセラーモデル、560SELを彷彿とさせるS560ロングをラインアップに追加したのも話題のひとつだ。走行性能で圧巻なのは『メルセデスAMG GT S』。モータースポーツのノウハウを余すことなく注いだスパルタンなリアルスポーツカーで、この秋、一部改良を実施。フロントグリルには1952年に開催された伝説的なレースで優勝を飾った300SLを彷彿とさせる「AMGパナメリカーナグリル」を採用し、スポーティな個性をより際立たせている。

メルセデスは、『時代の最先端』に本気印◎なのだ!


↓ここからアウディのブースです。
NMS2017_3_116
NMS2017_3_117
NMS2017_3_118
NMS2017_3_119
NMS2017_3_120
魂を風に解き放つインテリジェント・スーパーカー。
R8 スパイダー V10
[R8 Spyder V10]
美しいフォルム。540PSの圧倒的なパワー。シンフォニーのように響きわたる、
澄みきったエグゾーストノート。そして、頭上を吹き抜ける光と風の爽快感。
Audi R8 Spyderは、クルマを操る愉しさを味わうスーパースポーツカー。

残念ながら2019年に発表予定のコンセプトカー『エレーヌコンセプト』は見れなかったな。
アウディは、『残念』だった!


次回は2号館へ。
つづく

主催者報告:開催結果速報
●来場者数
  23日(木・祝):43,100名
  24日(金):33,900名
  25日(土):62,100名
  26日(日):66,800名
●4日間合計:205,900名

スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR