FC2ブログ

【ムック】 Nostalgic Hero [182] & model cars [257] & car MAGAZINE [472]

ムックを3冊ご紹介。
旧車雑誌の『Nostalgic Hero』から・・・
2017-09-02_mook_01
Nostalgic Hero 2017年8月号[No.182]
雑誌:隔月刊版
出版社:芸文社
発売日:2017/6/30


Nostalgic Heroという雑誌は?

出版社からのコメント
現存する旧車定期雑誌でもっとも歴史があり、現在も業界をリードするクラシックカー専門誌。当時のクルマを新車情報誌のように美しく撮影し、当時の資料と現在も所有し続けるオーナーの話で文章を構成しています。また当時のレース記事やカーショーなども貴重な写真とともに紹介しています。

from Amazon



2017-09-02_mook_02
第1特集は『Zの鼓動』
S30フェアレディZを集中的に紹介。ノーマルの美しさを極限まで高めた432Z-Rやマルーンの240Z。LY型をインジェクション化し搭載したZなどなどバリエーションに富んだ展開。ハイウェイパトロールカーのZもあるよ。

2017-09-02_mook_03
第2特集は『コスモスポーツの奇跡』
今年50周年を迎えるロータリ―エンジンについて特集です。
最初の量産車であるコスモスポーツのプロトタイプ、前期型、後期型の3台を徹底比較しています。
詳細までよくわかる資料です。

2017-09-02_mook_04
輸入車版懐古的勇士:フェラーリ 308GTB [1979]
↑この写真の308GTBは、かつては世界屈指のフェラーリ・コレクションを誇った「松田コレクション:フェラーリ美術館」に所蔵されていた由緒あるものなのだ。




2017-09-02_mook_05
model cars (モデルカーズ) 2017年10月号[Vol.257]
雑誌:月刊
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2017/8/26


2017-09-02_mook_06
特集は『今を生きる スーパースポーツたち』

スポーツカーはいつの世でもクルマ好きの憧れだ。“スーパー"が付くスポーツカーならなおさらである。
何を以ってスーパースポーツと呼ぶか、それは定かではない。エンジンがV8以上か、ミッドシップか、本革の内装を持っているか。そのどれもが正確のような気もするし、そうでない気もする。いずれにしろ、見慣れた日常から離れて非日常の世界へと導いてくれるのがスーパースポーツである。それは、我々の心をまだ見ぬワインディングロードへと誘う。夢の中のハイウェイへと連れ出す。体験したことのないサーキットへと招く。しかし近年はエコカーが隆盛を極め、果ては自動ドライブまでが現実的となってきた。スーパースポーツは早晩消失するものかもしれない。しかし、その生命の炎はまだ、至る所で燃え続けている。ならば、彼らの姿を模型として留めておくのは我々の務めではないだろうか。

from Amazon



2017-09-02_mook_07
特集の1台:レベル 1/24 メルセデスAMG GT
最近は海外メーカー、特にドイツレベルは元気がイイ。車種選択やキットの内容は眼を見張るものがあります。
メルセデスAMG GTは好きなクルマです。キットを購入して参考にしよーっと♪
日本の模型メーカーさん、海外に負けずにもっともっと新商品をー!

2017-09-02_mook_08
アオシマ・スーパーカー・プラモの仕掛け人:スーパーカー屋さんに訊く
2010年7月に1/24カウンタックを発売して以降、ムルシエラゴ、マクラーレンF1、セストエレメント、ディアブロ、ウラカン、パガーニ・ウアイラとコンスタントに新作をリリースしたアオシマ。
現在はすっかり“スーパーカーのアオシマ”と言えますね。

2017-09-02_mook_09
いーんです!作るんです!:ホンダ Z GS '71
これはこれは、貴重な絶版キットを作ってしまえ!
素晴らしい企画ですね。
今回は、クラウン&オオタキ 1/20 絶版プラモデルのホンダ Z を作り比べです。
これも貴重な資料です。




2017-09-02_mook_10
car MAGAZINE (カーマガジン) 2017年10月号[Vol.472]
雑誌:月刊
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2017/8/26


2017-09-02_mook_11
【特集】情熱のロータス人生

画期的なアイデアから生み出されたそれは、シンプルで軽量。しかし、極限まで贅肉をそぎ落ちしたそれは、耐久性などは二の次。要は、どこかが壊れる直前に誰よりも先にゴールしてしまえばいいのだ……。かつてロータスのレーシングカーには、スピードの魔力に取り付かれた男達のそんな刹那的な儚さと、突き詰めた狂気すら感じられた。しかし、趣味的な視点から誤解を恐れずに言えば“危険なものはカッコいい"のだ。いささか野蛮で乗り手を突き放す様なクルマ造りからスタートし今なお他に類を見ない、独自の世界観を構築し続けるロータス。
そこで今回は、そんな唯一無二のキャラクターを持つロータスと共に暮らす人々を各地に訪ねた。登場するのは、いずれも“どこか危険な香りのする、カッコいい輩たち"すなわち“ロータス的な人生"を歩んでいる人々である。

from Amazon



2017-09-02_mook_12
失われたシトロエン時代の記憶と、メラクの秘められた生い立ち
マセラティ・メラクの深いところを知りたい方に!写真も豊富です。
グンゼの1/24メラクを作るかぁ・・・

2017-09-02_mook_13
自動車型録美術館♯020:BMW 2002ターボ
ハセガワから間も無く1/24の2002ターボが出るでしょ!?




  
スポンサーサイト



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR