1/24 博物館<File No.261>Part 7/ スプリンター トレノ BZ-G

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.261 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SPRINTER TRUENO BZ-G
フジミ 1/24 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111
Car Models File-No.261


トレノと言っても、今回は「AE86」ではなく・・・
「AE111」というトヨタ スプリンター トレノの7代目となるモデルの登場だ!
先先代、要は5代目モデルからFF駆動になったトレノですが、それが原因か?
この7代目が最後のモデルとなってしまいました。
しかし、AE86(4代目)以降最もスポーツ指向に振られたクルマとして、同排気量の
ライバルだった、ホンダ シビックや三菱 ミラージュに全く引けを取らない、
高いポテンシャルを持っているクルマなのです。

PCM00361_25
PCM00361_26
Car Models File-No.261
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ 旧No.044
『 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スプリンター トレノ BZ-G (1995年/日本)

──── AE111 のまとめ

 1995年5月に誕生したAE111は、レビン/トレノとしては7代目、FF車としては3代目となるモデルであり、悲しくもレビン/トレノの最終型となった。このAE111では、先代AE101の反省から、徹底した軽量化(-70kg)、4A-Gエンジン性能向上とシャーシなどの更なる熟成を図る。特に軽量化はコマーシャルにも「マイナス70kgの挑戦」と思いが込められていた。
サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リヤがデュアルリンク式ストラットと従来通りだが、ブッシュゴム、アーム類などの改良によりさらに熟成がなされている。スーパーストラットサスペンション仕様のMT車には、アクセルにリニアに反応する日本初のヘリカルLSDが採用されている。
AE92、AE101と引き継がれたスーパーチャージャー付きの4A-GZEは廃止。AE111に搭載される4A-GEエンジンは、吸排気ポートの拡大、ピストン頂点形状などの最適化を行った結果、最高出力は165psを発揮するまでとなった(トルクは変わらず)。
グレード構成もそれまでのGT系に代わり、新たにBZ系と呼ばれるようになった。これまでの「GT APEX」に代わる装備を充実したグレードはBZ-Gとなり、かつてのGTやGT-Vのように装備を抑え、走行性能を重視したグレードはBZ-Vとなる。スーパーストラットサスペンションはBZ-Vに標準、BZ-Gにオプション装備となっている。
1997年5月のマイナーチェンジで6速MTが採用された。6速MTは日本では、スープラ、GTO、NSX等のについでの登場である。6速は従来の5速よりもハイギヤードで、高速巡航時の低回転化による省燃費低振動化に貢献し、5速まではよりにクロスレシオのギヤ比になっており、4A-Gエンジンの「おいしい所」を存分に楽しめる設計になっている。しかし、同時に「GOAボディ」の採用で衝突時の安全性を高めることには功を奏したが、重量が増えてしまい、せっかくの6速化の恩恵は減少したと言えた。

PCM00361_27
PCM00361_28


※参考:Wikipedia:スプリンター トレノ 7代目

Car Models File-No.261
フジミ 1/24 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111
FUJIMI 1/24 TOYOTA SPRINTER TRUENO BZ-G

Car Models File-No.261 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR