1/24 博物館<File No.261>Part 6/ スプリンター トレノ BZ-G

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.261 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SPRINTER TRUENO BZ-G
フジミ 1/24 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111
Car Models File-No.261


トレノと言っても、今回は「AE86」ではなく・・・
「AE111」というトヨタ スプリンター トレノの7代目となるモデルの登場だ!
先先代、要は5代目モデルからFF駆動になったトレノですが、それが原因か?
この7代目が最後のモデルとなってしまいました。
しかし、AE86(4代目)以降最もスポーツ指向に振られたクルマとして、同排気量の
ライバルだった、ホンダ シビックや三菱 ミラージュに全く引けを取らない、
高いポテンシャルを持っているクルマなのです。

PCM00361_21
PCM00361_22
Car Models File-No.261
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ 旧No.044
『 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スプリンター トレノ BZ-G (1995年/日本)

──── スプリンター トレノ AE111 in サーキット

 レースシーンでは先代から引き続きN1耐久シリーズ(のちに「スーパーN1耐久シリーズ」となり、1998年から「スーパー耐久シリーズ」へと名称変更されている)に出場、ライバルとなるホンダ シビック(EK4)との激闘が繰り広げられました。ラリーシーンでも2輪駆動クラスが新設されるなどの追い風もあって活躍します。しかし、三菱ラリーアートが力をいれたミラージュや究極のFFスポーツと言われたシビック(EK9)TYPE-Rが登場し、レビン・トレノは徐々に影が薄くなって行きました。スペック的には極端に劣るわけではありませんが、ライバル達に対しての優位となるセールスポイントが少なかったのでしょうか!?

PCM00361_23
PCM00361_24


※参考:Wikipedia:スプリンター トレノ 7代目

Car Models File-No.261
フジミ 1/24 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111
FUJIMI 1/24 TOYOTA SPRINTER TRUENO BZ-G

Car Models File-No.261 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR