ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.37>

フェラーリがつづきます?

PCM00137_01
フェラーリには違いないんですが、市販車ではありません。

いわゆるショーモデル、コンセプトカーです。

タミヤ 1/24 フェラーリ ミトス

PCM00137_02

「コンセプトカー」とは
新型車を開発するにあたり、目指す概念(コンセプト)を事前に具現化した試作車のこと。

モーターショーに出展されるショーモデルや、レーシングカーの開発車両のことで、
ここから得られたユーザーの反応や性能テストの結果が新型車開発に反映される。

見ているユーザーには「夢」を膨らませてくれるクルマですね。
PCM00137_03
フェラーリ 「ミトス(MYTHOS)」はピニンファリーナ渾身の意欲作。

ベースとなる車両はフェラーリ テスタロッサ

このクルマの登場は、なんと日本
フェラーリは「ミトス」の世界初披露の場を、1989年の東京モーターショーとしたのです。

当時の日本の経済は潤沢で、フェラーリにとっても世界戦略で無視できない市場でした。
(ちなみにこの年の東京モーターショーの入場者数は192万人だったそうです)

「ミトス(MYTHOS)」の語源は『神話』の『Myth(マイス)』からきています。
PCM00137_04
一番の特徴はやはり外観。
とにかく面構成が滑らかで美しい!
テスタロッサも美しく流麗ですが、こと滑らかな面構成は次元が違います。

フレームを共通とするテスタロッサ比で、リアのオーバーハングを極限まで切
り詰めたため、全長は20cmほど短くなっています。

フロント部は前端が幅狭くなっているため、逆にテスタロッサよりもかなり長
く見えます。

美しいのは、フロント部のフェンダーやバンパーを分ける境目がなく一体成形
のカウルのようになっています。

サイドのエアインテークは大型ながらフィンなどの派手な飾りはなくシンプル。
これは、ケーニッヒ・コンペティションもそうでした。
それが逆に静かな迫力だったりもします。
PCM00137_05
それもそのはずで、幅がシュッとなったフロントから流れるラインで繋がるリア
部は、テスタロッサより10cm以上も広げられ、全幅は210cmに達しています。

バルケッタ・ボディとなったため全高はテスタロッサより7cm低い106cm。
クサビ形を強く意識していて、しかもスポーツカーらしくワイド&ロー!

このクルマで唯一、好き嫌いの分かれるところは、テールデザインではない
でしょうか? 高い位置に左右から繋がる一文字のテールは迫力があり未来的?
なイメージです。
だだ、ボテッとしていて「重そう」それに何となくザガート?って感じがします。

インテリアは至ってシンプル。

市販車ではなくデザイン優先のコンセプトカーなので、ドアミラーもなければ
サイドマーカー、ワイパー、ドアノブもありません。
『跳ね馬』もノーズの縦長方形エンブレムだけです。
ただ、ルームミラーはあって、フロントスクリーンとの一体感があって美しい。
PCM00137_06
メカニカル部はどうかといえば、中身がテスタロッサなので、単なるモックでは
なく、コンセプトカーとはいえ走行可能でした。
だから性能も中身のテスタロッサに同じ(笑

ホイールは、テスタロッサよりもインチアップされていて前後17インチ。
リアのウイングはセンター1本足で、100km/h以上になると立ち上がる仕組みに
なっています。

今見ても、美しい、昨今のニューモデルと比べても何ら劣るどころか勝ってます
このデザイン。ホント、奇跡のデザインと言えるのではないでしょうか?
PCM00137_07
ここだけの話。

数台、ピニンファリーナが生産して販売したんです。

プラットフォームはテスタロッサだから、当然走行可能。

販売のお相手は、ブルネイ国王
デザインを気に入ったフェラーリエンスーのブルネイのスルタン国王が、
ピニンファリーナのデザイナーであるエンリコ・フミア氏に特注したそうです。

なんと2台、お買い上げになったとか、、、?

ピニンファリーナも企業、メーカーからの依頼でボディ生産を請け負います。
そもそもが少量対応のカロッツェリアだった。お金を積めば作ってくれます。
ごく最近のニュースで、ピニンファリーナは昨今の自動車業界の事情でその
車の生産から手を引くとありました。
PCM00137_08
最後にスペック表を。
また、パート2の書くことが無くなった(困

1989 Ferrari Mythos
ボディーサイズ:4305×2098×1064mm
ホイールベース:2550mm
重量:1250kg
乗車定員:2名
駆動:MR 5速
エンジン:水冷180度V型12気筒DOHC
排気量:4942cc
ボア×ストローク:82.0x78.0mm
最高出力:380PS/5750rpm
最高速度:290km/h
タイヤサイズ:前245/40ZR17 後335/35ZR17
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR