1/24 博物館<File No.261>Part 4/ スプリンター トレノ BZ-G

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.261 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SPRINTER TRUENO BZ-G
フジミ 1/24 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111
Car Models File-No.261


トレノと言っても、今回は「AE86」ではなく・・・
「AE111」というトヨタ スプリンター トレノの7代目となるモデルの登場だ!
先先代、要は5代目モデルからFF駆動になったトレノですが、それが原因か?
この7代目が最後のモデルとなってしまいました。
しかし、AE86(4代目)以降最もスポーツ指向に振られたクルマとして、同排気量の
ライバルだった、ホンダ シビックや三菱 ミラージュに全く引けを取らない、
高いポテンシャルを持っているクルマなのです。

PCM00361_13
PCM00361_14
Car Models File-No.261
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ 旧No.044
『 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スプリンター トレノ BZ-G (1995年/日本)

──── AE の歴史

AE86
1983年〜:4代目
新開発のDOHC16バルブ・4A-GE(130PS・15.2kg/m)を搭載。先代までの2T-Gより軽量&コンパクトで、その実力はレッドゾーンまで1秒かからずに吹け上がると話題になった。

AE92
1987年〜:5代目
ついに『FF』になったトレノ(&レビン)。リヤサスペンションがリジットからストラットに変更され4輪独立懸架になった。「GT-Z」はスーパーチャージャーを組み合わせた4A-GZE(145PS・19.0kg/m)を搭載。最終的にはハイオク仕様になり、4A-GE・4A-GZE共に20PSのパワーアップを達成。

AE101
1991年〜:6代目
4A-GEが全面改良されDOHC20バルブに可変バルブタイミング(VVT)&4連スロットルが採用され、160PS・16.0kg/mにパワーアップ。足回りもキャンバー制御を行うスーパーストラットサスが設定された。
歴代トレノ(&レビン)の中で最も大型で豪華なモデルとなった。

AE111
1995年〜2000年:7代目
AE101から大幅な軽量化(-70kg)を実現。熟成の4A-GEは165PS・16.5kg/mを達成し、スーパーチャージャー付きの4A-GZEは廃止となる。スーパーストラットサス搭載モデルにはヘリカルLSDが搭載。最終的にはクラス初の6速MTと衝突安全ボディ(GOA)が採用された。
2000年生産終了。最後のトレノ(&レビン)となる。

PCM00361_15
PCM00361_16


※参考:Wikipedia:スプリンター トレノ 7代目

Car Models File-No.261
フジミ 1/24 トヨタ スプリンター トレノ BZ-G AE111
FUJIMI 1/24 TOYOTA SPRINTER TRUENO BZ-G

Car Models File-No.261 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR