1/24 博物館<File No.248>Part 5 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_17
PCM00348_18
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── スープラ(A70型)を振り返れば・・・

 A70型スープラは日本では1986年2月にセリカXXをフルモデルチェンジするタイミングで登場した。アメリカでは以前からセリカXXをスープラの名前で販売していた。これで、国内名と輸出名が統一され「スープラ」となったのだ。
 当時のトヨタの戦略は、「スープラ」をセリカXXのフルモデルチェンジとして世に出すのではなく、まったく新しいスポーツカーを投入するという形でのマーケッティング戦略をとり、かつて名車トヨタ2000GTの再来を表現するために“トヨタ3000GT”を標榜しての登場となった。
 トヨタ車のラインナップでのスープラのポジションは、ひと世代前のセリカXXから、セリカの上級バージョンというよりはラグジュアリーなグランツーリスモであるソアラのスポーティな姉妹車という性格を持つクルマになっていたが、その姉妹車関係をさらに一歩進めた形になったのだ。
 デビューした当初ボディタイプは1種類だけだったが、1986年6月にはオープンカーのエアロトップが追加された。これはルーフ部分を専用の工具を使って手動で脱着するもので、外したルーフは後部のラゲッジスペースに固定する仕組みになっていた。

PCM00348_19
PCM00348_20


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ


Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR