1/24 博物館<File No.247>Part 7 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_25
PCM00347_26
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── 残り2回でカレラGT物語

 1990年代の後半、ポルシェのレース活動といえば、FIA-GTカテゴリーの911GT1であった。メルセデス、日産、トヨタといった競合メーカーと死闘を繰り広げていた。ところが、98年をもってレギュレーションが変更となり、GT1マシンの行き場がなくなると、ポルシェはチーム・ヨーストに払い下げ、専用設計のLMPマシンを開発して耐久レースに参戦することを決意する。そのマシンが幻といわれるポルシェLMP2000というレーシングカーなのだ。このマシンに搭載予定だったのが、自然吸気の5.5リッターV型10気筒レーシングエンジンであり、このエンジンこそが、後のカレラGT用の搭載ユニットのベースになったのである。
 話を戻して、幻のポルシェLMP2000というレーシングカーについて。マシンはローラと共同開発により完成し、走り始めたのだが、始めたとたん、ポルシェはLMPクラスへの参戦を断念してしまう。これはたった1日のテストで導き出された決断だという。このあまりに唐突な結論にさまざまな憶測が飛び交った。

次回につづく。

PCM00347_27
PCM00347_28


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT


Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR