新年あけましておめでとうございます

おめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

今年は2017年(平成29年)です
え〜っと、今年の年賀状です

突然ですが、角川映画40周年
昨年のことですけど。

出版社が映画を製作する・・・。
40年前、そんな突拍子もないことに挑み、瞬く間に日本映画の勢力地図を塗り替えてしまったのが角川映画でした。

昨年夏から40周年を記念した展覧会や映画祭が開催されました。
名駅のミッドランドシネマでも12月3日から16日まで「角川映画祭」やってたんですよー。
『犬神家の一族』『人間の証明』『蘇る金狼』『セーラー服と機関銃』『時をかける少女』『Wの悲劇』『ぼくらの七日間戦争』『探偵物語』『里見八犬伝』『戦国自衛隊』『野獣死すべし』『汚れた英雄』〜というラインナップで!

公開当時に全部観てますねぇ。
私は角川映画にたくさんの感動をもらいましたよ。

で、今年の年賀状ネタは『蘇る金狼』こと 松田優作 となったわけです。
2017-nenga
▲ 年賀状でーす

1976年、低迷していた日本映画界に突如彗星のごとく現れ、「読んでから見るか、見てから読むか」をコピーにした出版界との連動や当時はまだ画期的だったテレビでの宣伝など、大規模なメディアミックス展開を行い、時代をリードし続けた角川映画。
昭和という時代のパワー溢れる「角川映画」と伝説の俳優、憧れの男「松田優作」 。

2017年、それぞれが熱い想いと決意を胸に、頑張ってまいりましょう!

あらためて、、、
本年もー、合い言葉はー、
クルマに夢を!プラモに愛を!

もちろんスタートは看板コンテンツの「ほぼ 1/24 スケール 世界のクルマ博物館」です
<File No.247>からです、昨年のスタートがNo.219でした
年間で紹介できたモデルカーは28台でしたか。
もっとたくさんご紹介できるように頑張ります!!
今年もお付き合いくださいませ〜 m(_ _)m

良い年にしましょう♪

「角川映画祭」予告篇です。




  
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR