1/24 博物館<File No.245>Part 7 ミニ クロスオーバー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.245 ////////////////////////////////////

Hasegawa 1/24 MINI COOPER COUNTRYMAN ALL 4
ハセガワ 1/24 ミニ クロスオーバー
Car Models File-No.245


BMWブランドとなった「ミニ」です。
そのMINIとしては初めての4枚ドアを採用した「クロスオーバー」の登場!
独特なデザインが好きですねぇ。
次のクルマの購入候補、、、!?
1/24博物館では以前に3ドアを紹介しています。
こちらです→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.94>
このFile No.94フジミ製BMW ミニ クーパーです。
更にさかのぼれば、ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.17>もございます。
こちらFile No.17タミヤ製モーリス ミニクーパー レーシングです。

それでは、3台ともにごゆっくりお楽しみください。

PCM00345_25
PCM00345_26
Car Models File-No.245
ハセガワ 製の 1/24 自動車 CDシリーズ No.CD021
『 ミニ クロスオーバー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ミニ クロスオーバー(2011年/イギリス・ドイツ)

──── パイクカーとは呼ばせない!

 

パイクカー(pike car)とはレトロ調であったり先鋭的であったりと、スタイリングが特徴的な自動車の一つ。 またスタイリングが評価された過去の車を彷彿とさせるスタイリングの車両などもパイクカーと呼ばれる。


フォルクスワーゲン・ビートル、フィアット500、MINIは、パイクカーと呼ぶ。人気を博したかつてのモデルのデザインを踏襲して現代化されたクルマたちである。この点で評価が分かれるところ。パイクカーはあまり褒められた呼び名ではない。シトロエン DSはアンチレトロを標榜し、そのクルマ作りは前向きを主張する。トヨタ 86、ジャガー F-typeも同様に名前だけを記号として利用している。確かにメーカーとして、パイクカーを作る下心はあったであろう。先述のパイクカーと呼ばれる3台の元となったワーゲン・タイプ1、ヌオーヴァ500、BMC MINIの現役だった当時の魅力が、現在の私たちをも惹きつける。このクルマたちは魔力的な魅力を備えており、そんな魔力を持った器に現代の先進的なテクノロジーを詰め込んで世に送り出されたのが新型MINIたちだ。
MINI クロスオーバーは価格的には国産高級車を凌駕する勢いだ。現在、流行のSUV・4輪駆動で、サイズだってとてもMINIとは言えない。新しいMINIファミリーのなかで、最もMINIっぽくない!?しかし、実はこのクロスオーバーが最もMINIの精神を受け継いでいるのではないか、とも思えてくる今日この頃である。
MINI CROSSOVER.…キャッチフレーズ「都市でも自然でも、いつまでも走り続ける。」
個人的にちょっと気になるクルマである。

PCM00345_27
PCM00345_28


※参考:Wikipedia:ミニ(BMW)

Car Models File-No.245
ハセガワ 1/24 ミニ クロスオーバー
Hasegawa 1/24 MINI COOPER COUNTRYMAN ALL 4

Car Models File-No.245 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model





  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR