1/24 博物館<File No.244>Part 5 トヨタ 2000GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.244 ////////////////////////////////////

Nichimo 1/24 TOYOTA 2000GT
ニチモ 1/24 トヨタ 2000GT
Car Models File-No.244


日本車史上最高の1台が再登場!?
今度はホワイトボディだーッ!
キットは現在は入手は難しいですね
以前の博物館はこちらから、、、シルバーボディです
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.13>
こちらは、ハセガワ製です。
あなたのお好みはどちらの 2000GT でしょうか?

それでは、どちらもごゆっくりお楽しみください。

PCM00344_17
PCM00344_18
Car Models File-No.244
ニチモ 製の 1/24 ヴィンテージクラブ No.002
『 トヨタ 2000GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ 2000GT(1967〜1970年/日本)

──── トヨタ 2000GTのアウトライン…その3

 当時のトヨタは実用車主力のメーカーで、高性能エンジンの開発や高級GTカーの内装デザインなどには通暁しておらず、2000GTの高性能エンジンや良質な内装には、ヤマハ発動機のエンジン開発技術や日本楽器の木工技術が大いに役立てられている。ヤマハ発動機は戦時中に航空機用の可変ピッチプロペラの装置を製造していた技術・設備を活かし、1950年代中期からモーターサイクル業界に参入して成功、高性能エンジン開発では10年近い技術蓄積を重ねていた。また1950年代後半以降のモーターサイクル業界では、四輪車に先駆けてSOHC・DOHC弁配置の高効率なエンジン導入・研究が進んでいた。このような素地から、ヤマハはトヨタ製の量産エンジンを改良して、DOHCヘッドを備えたエンジンを製作することができた。またヤマハ発動機は楽器メーカー(日本楽器製造)が源流で、楽器の材料となる良質木材の取り扱いに長けていたことを活かし、インストルメントパネルとステアリングホイール(ともに前期型はウォールナット、後期型はローズウッド製)の材料供給・加工までも担当した。

PCM00344_19
PCM00344_20


※参考:Wikipedia:トヨタ 2000GT

Car Models File-No.244
ニチモ 1/24 トヨタ 2000GT
Nichimo 1/24 TOYOTA 2000GT

Car Models File-No.244 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR