1/24 博物館<File No.244>Part 4 トヨタ 2000GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.244 ////////////////////////////////////

Nichimo 1/24 TOYOTA 2000GT
ニチモ 1/24 トヨタ 2000GT
Car Models File-No.244


日本車史上最高の1台が再登場!?
今度はホワイトボディだーッ!
キットは現在は入手は難しいですね
以前の博物館はこちらから、、、シルバーボディです
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.13>
こちらは、ハセガワ製です。
あなたのお好みはどちらの 2000GT でしょうか?

それでは、どちらもごゆっくりお楽しみください。

PCM00344_13
PCM00344_14
Car Models File-No.244
ニチモ 製の 1/24 ヴィンテージクラブ No.002
『 トヨタ 2000GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ 2000GT(1967〜1970年/日本)

──── トヨタ 2000GTのアウトライン…その2

 同時期、オートバイメーカーとしてすでに日本を代表する存在となっていたヤマハ発動機では、日産自動車と提携してクローズド・ボディの高性能スポーツカーの開発を進めていた。開発コード「A550X」と呼ばれる試作車まで作られたが、この計画は日産側の事情により、1964年(昭和39年)に開発途中で頓挫した。そこでヤマハでは、スポーツカー開発のあらたなパートナーとして、トヨタ自動車工業にアプローチした。すでにスポーツカー開発に着手していたトヨタ側もこれに応諾し、プロジェクトリーダーの河野二郎、デザイン担当の野崎喩、エンジン担当の高木英匡、シャシーと全体レイアウト担当の山崎進一の4人を中心に1964年(昭和39年)末から共同開発が開始された。翌1965年(昭和40年)1月より、トヨタ側の開発陣、河野、野崎、高木、山崎の4名がヤマハ発動機に出向き、2000GTの開発プロジェクトを推進していった。開発の本拠をヤマハ発動機に移すことになったのは、「本社は一切タッチせず。プロジェクトは(前出の)4名とヤマハ発動機でまとめること」という異例中の異例の方針をトヨタが打ち出したためである。開発プロジェクトは順調に進み、4月末に最終設計図が完成。計画開始からわずか11か月後の8月に試作車の第1号車が完成し、トヨタ自動車に送られた。

PCM00344_15
PCM00344_16


※参考:Wikipedia:トヨタ 2000GT

Car Models File-No.244
ニチモ 1/24 トヨタ 2000GT
Nichimo 1/24 TOYOTA 2000GT

Car Models File-No.244 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実車が欲しい!が、買えない。(泣)→バイクなんだけどね

http://www.gizmodo.jp/2016/11/amazon_kawasakih2r.html?utm_source=atom&utm_medium=rss

No title

あっ、H2Rだ。
これは凄すぎるでしょ。
わたしはプラモを買うつもりー!
プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR