【ビデオ】 スーパーカーキラーと呼ばれて・・・日産GT-R

PCM00308_01
PCM00308_02
アオシマ 1/24 ニッサン GT-R(R35)ピュアエディション
これは2012年モデルの日産GT-Rです。
当博物館ページはこちら→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.208>

ビッグマイナーチェンジを経て、まったく新しくなった2017年モデルの日産GT-R。
我が日本にとって、日産GT-Rはスーパーカーだと思う。

若干の認識の違いを述べるならば、ウルトラ安くて世界一速い日本車! 
この「安い」という要素と、「見た目」がスーパーカーと呼べない理由だろう。
もちろん日産だって、GT-Rのことをスーパーカーとはカテゴライズしないでしょうけど。
2016-09-25-_mook_04
2016-09-25-_mook_05
2016-09-25-_mook_06
新型GT-Rのすべて
動的質感と快適性を磨いた完熟の2017年モデル登場(モーターファン別冊 ニューモデル速報)
出版社:三栄書房
発売日:2016/9/13


GT-Rの販売・生産台数を見ると、GT-Rは2007年の発表当時、「月間1000台の生産」を目標としていた。つまり年間1万2000台。当時の販売価格は777万円。日産車としては高額だが、すでに初代のホンダNSXは1990年当時800万円のプライスタグが付いていた。この時点でNSXはスーパーカーの仲間入りを果たした。

販売実績の現実は厳しかった。2年目の08年度こそ目標に近い数字まで行ったが、そこから急速に落ち、近年は年間2000台程度となっていた。評価は良いがクルマは売れない。
これは世界を見ても同じなのだ。
GT-Rは全世界でリスペクトを受けている。アメリカをはじめ欧州でもかなり売れている。
世界の評価を見れば、GT-Rが新たなスーパーカー像の創造に成功したのではないか!?とも思うのだがー。

しかし、販売台数が年間約2000~3000台がやっと。この数字はポルシェ911の10分の1以下、フェラーリの3分の1程度しかないということ。
日産としてはトータルではまだ赤字だということだ。
GT-Rのポジションって、どこにいるのか?

そこで、ここで映像を紹介。
今夜紹介する動画タイトルには、「2017年モデルGT-Rはスーパーカーキラー?」とあります。
海外での認識は、やはりGT-Rはスーパーカーではない、みたいです!?


日産GT-Rを「スーパーカーキラー」と呼ぼう♪

個人的にも、その見た目の「戦車」感が、スーパーカーと呼べないなぁ。
でも、欲しいですよ。




スポンサーサイト

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR