1/24 博物館<File No.242>Part 6 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
Car Models File-No.242


いっつも笑ってるゥ。
可愛いお目々のスポーツカーですよー。
このお目々を持ったクルマを世界中の人が愛称をもって可愛がる、日本では「カニ目」、
アメリカでは「バグアイ(虫の目)」、イギリスでは「フロッグアイ(カエルの目)」。
じきに60年に届こうとする現在でも愛好家の多いクルマですね。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00342_21
PCM00342_22
Car Models File-No.242
グンゼ 製の 1/24 名車シリーズ
『 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1 』 プラスチックモデル組み立てキット。
オースチン ヒーレー スプライト Mk-1(1958年/イギリス)

──── “カニ目”のスポーツカーにくびったけ!

 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1のパワーユニットは、当時のベーシックカー、
オースチンA35と40用の、排気量945cc、直列4気筒OHVユニット。基本的にミニな
どのユニットと共通だ。圧縮率は8.3、SU式のキャブレターを2連装するなどのライト
チューンを施している。パフォーマンスこそ飛び抜けてはいないものの、このエンジン
の美点は、そのサウンドが心地良いこと。とても1リッターとは思えない重厚な低音の
エグゾーストノートを響かせる。ドライバーをその気にさせるサウンドなのだ。
動力性能は、最高出力43ps/5000rpm、最大トルク7.2kgm/3300rpmである。
ちなみにダブルウィッシュボーン式サスペンションもオースチンから流用したものなの
だ。量産スポーツカーとしては世界初の軽量モノコックボディを採用している。車重は
わずか650kg。ボディ剛性を上げるため、トランクリッドを廃止しているのだ。じゃあ、
荷物はどうやって出し入れするの?
答えは、シートバックを倒して車内の後ろ側から出し入れするのだ。

PCM00342_23
PCM00342_24


※参考:Wikipedia:オースチン・ヒーレー スプライト Mk-1

Car Models File-No.242
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1

Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR