1/24 博物館<File No.242>Part 5 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
Car Models File-No.242


いっつも笑ってるゥ。
可愛いお目々のスポーツカーですよー。
このお目々を持ったクルマを世界中の人が愛称をもって可愛がる、日本では「カニ目」、
アメリカでは「バグアイ(虫の目)」、イギリスでは「フロッグアイ(カエルの目)」。
じきに60年に届こうとする現在でも愛好家の多いクルマですね。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00342_17
PCM00342_18
Car Models File-No.242
グンゼ 製の 1/24 名車シリーズ
『 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1 』 プラスチックモデル組み立てキット。
オースチン ヒーレー スプライト Mk-1(1958年/イギリス)

──── “カニ目”のスポーツカー

 愛されるオースチン ヒーレー スプライト Mk-1のスタイリング。
寄り目で飛び出したヘッドライトと、笑っている口のようなグリルを備えたフロントマ
スクが、見る者の心を和ませる。誰もが敬意を持って“カニ目”と呼ぶ。愛らしいクルマ
とは、ただそれだけで存在の意義がある。
この“カニ目”当初の設計段階では、ロータス・エランのようなリトラクタブル・ヘッド
ライトだったそうな。その構造やコストなど点で、問題が発生して案は頓挫しました。
次の案は、ノーズに埋め込むデザインはどうだろう。しかし、ライトの位置が低すぎて、
主力市場として想定していたアメリカの保安基準に準ずることができないと判明する。
3つ目の案、苦肉の策として“カニ目”のデザイン案が採用されたのだそうだ。
しかし、結果的にこのスタイルは大成功だった。なんたって、1958年から1962年まで
の3年間に4万9000台を販売する大ヒット作になったのだ。

PCM00342_19
PCM00342_20


※参考:Wikipedia:オースチン・ヒーレー スプライト Mk-1

Car Models File-No.242
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1

Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR