1/24 博物館<File No.237>Part 5 ユーノス ロードスター

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.237 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 EUNOS ROADSTER
タミヤ 1/24 ユーノス ロードスター
Car Models File-No.237

PCM00337_17
Car Models File-No.237タミヤ 製の 1/24 スポーツカー No.85
『 ユーノス・ロードスター 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ユーノス ロードスター(1989年/日本)

もう3年も経てば、発売30周年というわが国が誇るオープン・スポーツカーの登場!
わたしの周りにもたくさんの所有する方がいました。
さすがに今も持ってるよ、とは聞いたことはない。。。
「マツダ」なのに「ユーノス・ロードスター」って名前も大ヒットの要因か!?
1989年発売初年には国内で9307台を販売、翌年は世界で9万3626台を販売して
マツダのドル箱となった。

では、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00337_18
──── 思いつきで、歴代ロードスターを比較ゥ!

 歴代ロードスターの外形寸法を比較しちゃいましょー♪
全長×全幅×全高(mm)で表記します。
■初代モデル(NA6):3955×1675×1235mm
■初代モデル後期型(NA8):3955×1675×1235mm
■2代目モデル(NB6/NB8):3955×1680×1235mm
■3代目モデル(NC):3995×1720×1245mm
■最新4代目モデル(ND):3915×1730×1235mm
最新モデルがコンパクトであることがわかりますが、歴代ロードスターはすべて
コンパクトなライトウェイトスポーツであるといえます。
初代モデルから2代目へは、シャーシをキャリーオーバーしたため同寸法ですね。

PCM00337_19
──── 思いつきで、歴代ロードスターを比較ゥ!…その2

 歴代ロードスターのホイールベースを比較しちゃいましょー♪
■初代モデル(NA6):2265mm
■初代モデル後期型(NA8):2265mm
■2代目モデル(NB6/NB8):2265mm
■3代目モデル(NC):2330mm
■最新4代目モデル(ND):2315mm
 3代目モデルでは、シャーシを一新したため、ホイールベースが65mm延長されたが、
全長は40mm増加。ということは、ボディ前後のオーバーハングを25mm切り詰めた
と考えられます。
4代目マツダロードスター(ND)は、3代目モデルより15mm短縮しているが、全長は
初代モデルよりも40mm短くなっている。
ということは、前後オーバーハングは歴代モデルでもっとも小さいということです。
ロードスターは歴代モデルから前後重量配分50:50を目指しているが、モデルを追う
毎に重量物などをマスに中心に集めようと開発努力を重ねているのですね。
全モデルで前後重量配分50:50といっても、その質にはそれぞれの開発の跡が見える
わけです。

PCM00337_20


※参考:Wikipedia:マツダ・ロードスター

Car Models File-No.237
タミヤ 1/24 ユーノス ロードスター
TAMIYA 1/24 EUNOS ROADSTER

Car Models File-No.237 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



    
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR