【ビデオ】007 ジェームズ・ボンドが選んだクルマはベントレー!?

映画007シリーズの「ボンド・カー」といえば、誰もが思い浮かべるのは、
アストンマーティンではないでしょうか!?

先日、公開された007シリーズの最新作『スペクター(原題) / Spectre』では、
アストンマーティンがワンオフで「アストンマーティンDB10」を登場させました。

プラモデル的見方をすれば、同シリーズの名作映画『007 ゴールドフィンガー』で初
めて登場した、ナンバーが変わる、機関銃をぶっ放し、煙幕を吐き、オイルも吹き出す
とギミック満載の、あの英国紳士の気品が漂う「アストンマーティンDB5」も忘れる
ことはできません。

しかし、今回はアストンの話をしたいのではなくて、、、

実は原作小説の第1作でボンドが乗ったのは、「ベントレー・ブロワー」だった。

PCM00329_01
ユニオン 1/24 1930 ベントレー ブロワー

イアン・フレミングの原作小説の記念すべき、
007シリーズ第1作『カジノ・ロワイヤル』(1953年刊)では、
1931年製の4.5リッター「ベントレー・ブロワー」に乗っているのです。

設定では、小説のカジノ・ロワイヤルで、ボンドの愛車ベントレーは「唯一の個人的な
趣味」で、ボンドはこの車を1933年に購入したとされている。

PCM00329_02

スーパーチャージャー付きのエンジンを搭載した「ブロワー」は、
ベントレーがル・マン24時間レースに送り込んだ競技車両がベースとなっている。
1920年代後半から1930年代にかけて、ベントレーを駆ってル・マンで活躍した有名な
「ベントレー・ボーイズ」のひとりである、ヘンリー・”ティム”・バーキン卿の依頼で
作られたクルマなのです。

PCM00329_13

今回は、そのバーキン・ベントレー・ブロワーの映像を紹介しましょう。
最高速度は時速190km前後で、当時としてはかなりのものだった。
このベントレー・ブロワーは、1929年から1931年にかけて、わずか55台のみが製作
された。

それでは、ゆっくりご鑑賞くださーい♪


拙ブログ 1/24博物館で紹介しましたベントレー・ブロワーはこちらから
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.229>
スポンサーサイト

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR