1/24 博物館<File No.234>Part 3 インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_09
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_10
──── 2代目インプレッサ WRC のベース車

 2代目インプレッサは、2000年8月にデビューする。独特の楕円形ヘッドライトを採
用し外見は大きく一新され、ボディは4ドアハードトップとワゴンの二本立てとなる。
中身はキープ・コンセプトで正常進化、外観のデザインで新型をアピールしようという
戦略か。 セダンは全車3ナンバーの4WD、エンジンは2000ccのNAとターボの2種類。
「WRX」というネーミングでスポーツ性を強調していた。
初代インプと同様で、セダンのターボモデルをベースにWRCに参戦、好成績を納める。
また自動車評論家の評価も高かった。

PCM00334_11
──── 2代目インプレッサ WRC のベース車…その2

 しかし、2代目インプレッサの営業成績は芳しくはなかった。
よく売れた先代から時代は流れていた。 スポーツカーのようなこだわりのクルマの人
気は陰り、実用性を重視したコンパクトカーと、流行り出したミニバンしか数が売れ
ない、いつの間にやらそんな面白味のない時代になっていた。 スバル自慢の“水平対
向エンジン”や4WDによる走りに対するこだわりは理解されにくくなり、クルマの売
れ行きを左右するのは、燃費や居住空間の広さ、快適さというものだった。
 スバルは、こうした本質的な問題からは目をそらし、販売不振の理由をその丸い目
をしたデザインに押しつけるように2002年11月、マイナー・チェンジを実行する。
フェイスリフトというようにフロント周りの“顔”が大きく変更された。 そのヘッドラ
イトの形状から、2代目初期型は “丸目”、このマイナーチェンジ後は “涙目” と呼ばれ
る。

PCM00334_12


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR