1/24 博物館<File No.227>Part 5 クラウン マジェスタ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.227 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA CROWN MAJESTA [UZS155] V8 4000 C Type i-Four
フジミ 1/24 トヨタ クラウン マジェスタ
Cタイプ I-Four (UZS155)

Car Models File-No.227

PCM00327_17
Car Models File-No.227フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ
(スポット)No.AY

『トヨタ クラウン マジェスタ Cタイプ I-Four (UZS155)』
プラスチックモデル組み立てキット。
現在、絶版です。
トヨタ クラウン マジェスタ Cタイプ(1995年・日本)

『いつかはクラウン』
このキャッチコピーを知ってる???

これは1983年に登場した7世代目クラウンに使われたキャッチコピーだ。

当時のクラウンというクルマは高級車として日本車の頂点、クラウンを所有すること
にとくにオトコは強い憧れを抱いていたのです。

それから6年後の1989年、クラウン マジェスタがデビュー。
クラウンの最上位モデルの登場です。
今回は2代目のマジェスタを紹介します。
お楽しみくだださーーい。

PCM00327_18
──── 2代目15系クラウンマジェスタ

 フロントフェイスは初代のアリストベースの丸いイメージを一気に払拭し、クラウン
伝統のいかにも日本の高級車といった角形ベースのデザインに変わる。
また、ベースカラーも明るいツートンからダーク系のツートンに変更になり、より高級
志向なイメージへ変化している。
 キャッチコピーは
「この車は、まずオーナーを誇りたい。」

PCM00327_19
──── バックシャンなマジェスタ

 マジェスタのエクステリアを見ると、太いCピラーや縦型のリアコンビランプ、
トランクリッドの形状などが特徴です。米国車のような大胆なデザインを採用する。
マジェスタの後ろ姿は印象的ですね、バックシャン!、縦マジェとも言われた。
とくに特徴的な縦型のリアコンビランプは、この2代目マジェスタから5代目にいたる
まで採用された。

PCM00327_20


※バックシャン…後ろ・背中(背部)といった意味の英語"back(バック)"と、美しいという意味のドイツ語"schoen(シャン:左記は英語表記。独語表記ではschon(oの上にウムラウトが付く)と書く)の合成で、後ろ姿が美しい女性を意味する。ただし、後姿だけが美人(後姿で期待したほど顔は良くない)といったニュアンスが強く、褒め言葉として使われたもんではない(当時、正面から見ても美人という意味の対語:トイメンシャンという言葉もあった)。しかし、シャンという言葉自体が使われなくなり、バックシャンも死語となっている。(日本語俗語辞書より)

※参考:Wikipedia:クラウン マジェスタ 2代目 S150型

Car Models File-No.227
フジミ 1/24 トヨタ クラウン マジェスタ
Cタイプ I-Four (UZS155)

FUJIMI 1/24 TOYOTA CROWN MAJESTA [UZS155] V8 4000 C Type i-Four

Car Models File-No.227 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR